ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
『ビタミンF』 懐かしいホームドラマ
d0018433_5455098.jpg著者:重松清 
書名:ビタミンF
発行:新潮社(文庫)
家族の絆度:★★★☆☆

2000年に直木賞を受賞した重松氏の短編集。
すべて40歳前後の中年男性が主人公で、(中学生の)子供、妻や周囲との間に起きる問題に頭を悩ませるという設定です。

「げんこつ」 同じマンションに住む不良中学生
「はずれくじ」 ワルの友達の誘いを断れない軟弱な息子
「パンドラ」 高校中退のフリーターと付き合う娘
「セッちゃん」 イジメを受けている娘の同級生
「なぎさホテルにて」 平凡な妻に対する嫌悪感
「かさぶたまぶた」 優等生の娘とすべてにそつが無い父親
「母帰る」 熟年離婚した両親の関係


文章が読みやすく、あっという間にページが進みます。さすがに直木賞。
人生が半ばを過ぎた中年男性の不安感と、家族との葛藤が書かれていて、必ず最後はハッピーな方向に進んでいきます。

確かに展開がうまいと思うし、家族の問題が浮き彫りにされているのは認めます。しかし、何か違和感が…。主人公の考え方が、ちょっと古く感じられます。団塊の世代の思考パターンをその下の世代に無理に入れ込んだ印象が。物語を作る上で、確信犯的になされているのかもしれません。

セッちゃん」は、さすがにイジメのルポを書いていた作者だけあって気にいりました。あとは、昔懐かしいTVのホームドラマの印象でした。優れた作品集だと思いますが、自分の好みと微妙にずれている感じです。
[PR]
by bibliophage | 2005-06-30 05:50 | その他小説
<< 『ネコソギラジカル(中)』 手... 『ネコソギラジカル(上)』 リ... >>