ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『決断力』 天才の頭の中、一挙公開
d0018433_2345399.jpg著者:羽生善治 
書名:決断力
発行:角川書店(新書)
集中度:★★★★★

史上最強の将棋棋士、過去に7冠、現在4冠の羽生氏が語る、勝負における考え方。

1章:不利な局面でも諦めずに、淡々と粘り強く指す。マイナス思考に打ち勝てる理性を育てなくてはならない。未知の世界に踏み込み、自力で考えること。「これでよし」と消極的になるのが一番恐い。
2章:直感によって指し手を思い浮かべ、読みの力で検証し、決め手は「決断力」である。
3章:頭の中に空白の時間を作り、「集中力」を発揮する。将棋でもミスは日常的に起こる。感情のコントロールが必要である。
4章:パソコンを使って最新の手を研究し続けなければならない。また、自分でもアイデアを持って新しい手を試し、違った戦法にも挑戦しなければならない。
5章:同じ情熱を持続して持ち続けられることこそ才能である。年令によって勉強法を変えることが必要。


さすがに第一人者のことばは、こと将棋だけでなく、ビジネスや人生の局面においても役に立ちそうな本質を説いているように感じます。
私の最も好きな棋士は谷川九段ですが、残念ながら羽生4冠に水をあけられ、佐藤棋聖、森内名人とも差が開きつつあります。羽生世代の棋士たちの強さの秘密の一部を知ることのできる内容だと思いました。

故大山名人は実はあまり深く読んでいなかった」とか、「最近の若手は自分と対戦してもやけに伸び伸びやっている」とかの本音も面白かったです。スポーツの中で、テニスが一番将棋に似ている、という指摘も興味深いところでした。
将棋を知らなくても楽しめる本だと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-07-31 23:52 | 新書
<< 『復讐執行人』 B級犯罪小説e... 『花まんま』 昔の大阪、そのまんま >>