ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
『2典 第3版』 ご丁寧な笑える用語解説書
d0018433_13454839.jpg著者:2典プロジェクト 
書名:2典
発行:宝島社
言葉遊び度:★★★★☆

「電車男」でさらにメジャーになった「2ちゃんねる」の用語解説辞典。

今、あなたが手にしたこの本は、その「笑える辞書」なのである。そして、間違いなく歴史に名を残す「2ちゃんねる」という空間のある時期を「言葉」という軸で整理した記録である。(「はじめに」より)

以前、結構2ちゃんねるにはまっていた時期がありました。よく行った板は、ニュース速報+、創作文芸、囲碁将棋、ミステリー、洋楽などで、書き込みも時々していました。ネット規制が厳しくなり、個人情報保護法も施行されて、今の2ちゃんねるはかなりおとなしくなった印象です。

最近でも「祭り」になると面白くて出かけていきます。「ミラーマン」の事件の時や、国税局の職員がwinnyを通してPC画像をばら撒かれた時など。

この辞典を読むと、よく見る言葉でもその出典が書かれていたり、そうだったのかと思うような詳しい解説がされています。
日本は反省しる!」が韓国議員の抗議のプラカードの書き間違いだったとか「もうだめぽ」が「WinMX」のファイル共有でつかまる寸前の会社員の絶叫のカキコだったとか。
聞いたこともないような言葉も多数ありました。作曲家のブルックナーのマニアが「ブルヲタ」、「輝け」←shine!←しね、など。

AA(アスキーアート)も多く収録されています。「クマー!!」「また大阪や」「皇太子様が○○に興味をもたれました」など。
 
2ちゃんねるの最大の魅力は諧謔(冗談精神)だと思いますので、今後も脱力するような新語を多数作り出してくれることを期待します。

   ∩____∩
   | ノ     ヽ
  /   ●    ● |   
  |    ( _●_) ミ   ちょっとずれたクマーーー!!
 彡、    |∪|  、` \   
/ __  ヽノ /´ >  )  
(___)   /  (_/   
 |       /         
 |  /\  \       
 | /    )  )      
 ∪    (  \
       \_ )            ・2ちゃんねる
[PR]
by bibliophage | 2005-08-06 13:58 | ユーモア
<< 愛知万博に行きました 『「負けた教』の信者たち』 難... >>