ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
東野圭吾 作品 のお気に入り
トラキチさんの 東野作品 My Best 3(延長されたしめきりの直前!)への投稿記事です。

d0018433_03550.jpg1. 『白夜行
はじめて読んだ東野作品でした。トラウマを抱えた少年と少女による犯罪。
緊迫感に満ち満ちた展開とそれにぴったりなクールな文章。最後までノンストップで読みました。着ぐるみの格好での最期はちょっと哀れだったなぁ。
この作品の直後に内田康夫氏の『遺骨』を読もうとしたら、あまりにもヌル過ぎて序盤で投げ捨てた記憶があります。
この投票でもやはり堂々の1位ですか…当然でしょうね。

d0018433_032075.jpg2. 『超・殺人事件
知的ゲームの作品集としてこれもとても気にいっています。特に「超犯人当て殺人事件」に感動。作中作の犯人を推理させられる編集者たち。その叙述トリックもびっくりしたし、メタ構造にも驚いた。「超読書機械殺人事件」も面白かった。この作品中の自動書評機械、ショヒョックスについて、評論家が皆、判で押したように「私もこんな機械が欲しい」という感想を書いていたのが情けなかった。

3. 1&2に比してこれはというものが浮かびません。
  というか何をよんでもはずれナシなのですが…。

今までに『パラレルワールドラブストーリー』 『名探偵の掟』 『怪笑小説』 『秘密』 『片想い』 『さまよう刃』などを読みました。
[PR]
by bibliophage | 2005-10-13 00:06 | ミステリ-
<< 『「脳」整理法』 占いから相対... 瀬川晶司氏、将棋プロ試験第4局... >>