ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『魔王』 政治と超能力
d0018433_16453666.jpg著者:伊坂幸太郎 
書名:魔王
発行:講談社
腹話術度:★★★★☆

死神の精度』で人気絶頂の伊坂氏の新刊。「魔王」と続編の「呼吸」を収録。

世の中が反米、反中国の全体主義的雰囲気に包まれはじめた近未来の日本。野党党首犬養は、その空気に乗じて未来党の勢力を伸ばしていく。その流れに違和感を感じる安藤兄弟。ある日、兄は自分が頭の中で思ったことを他人に喋らせる能力があることに気づく。彼はその力を使って犬養と対決することを決心する。


近未来の形を取っていますが、右系化、憲法改正論議といった現在の日本の状況をもろに反映した内容の話です。今までの伊坂氏の作品とは一線を画すストーリーで賛否両論を巻き起こしそうです。
私は「面白かった」という印象を持ちました。小説家というものは村上龍とまではいかなくても同時代性を持った作品も書くべきと思います。
「鷹の定点観測」の話がユニークで興味を引きました。

「呼吸」の最後は憲法改正の投票の場面ですが、おそらく続編が書かれるのではないかと思われます。ここで終わると、いくつか未解決の問題が残るからです。バーのマスターの正体とか…。
一人称の主人公が、兄→弟の彼女と変わったので、続編があれば弟になるハズです。楽しみに待っています。
[PR]
by bibliophage | 2005-10-30 16:46 | その他小説
<< 『血液魚雷』 日本のSFのレベ... 『本業』 タレント本をいじり倒す >>