ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『誰のための綾織』 Part2 無断引用?はたまた剽窃?
d0018433_1223562.jpg
(今回の盗作疑惑事件の経過)
1. 1973~81年 三原順氏「はみだしっ子」シリーズ「花とゆめ」に連載。
2. 1995年 三原氏 病没。

3. 2005年5月 飛鳥部勝則氏『誰のための綾織』原書房より出版。

4. 7月2日 blog 「万華鏡日記」にて「引用疑惑」についての記事。
これがnet上では初めての指摘と考えられている。

5. 9月25日 上記とは別に「類似点」に気づいた某氏が出版社にメール。
6. 10月22日 某氏、net上に「類似点」を公開

7. 11月7日 原書房、絶版のお知らせ。
8. 11月8日 ニュースに流れる。
(飛鳥部勝則さんの小説「漫画と類似」 絶版・回収に)asahi.com
原書房(東京都新宿区)は7日夜、同社が今年出版した飛鳥部勝則さんの小説「誰のための綾織(あやおり)」の中に、故・三原順さんの漫画「はみだしっ子」(白泉社)に類似した表現が十数カ所あったとして、「誰のため~」の絶版・回収を決め、同社のホームページにおわびを掲載した。
9月に、読者からとみられる指摘のメールが同社に届き、社内で調査し、飛鳥部さんにも確認した。ホームページには「素材カードに該当部分が紛れ込んでしまった」との著者の見解を載せた上で、「『許可を得ずに一部表記を引用した』と判断した」としている。

d0018433_1231198.jpg

この記事では「万華鏡日記」さんの指摘箇所のうちのいくつかを、右「はみだしっ子」左「~綾織」の対比で示します。

こういった「類似」が10数箇所以上。細かい表現を変えてはいますが、これはもう明らかですね。「素材カード」云々の言い訳も虚しい…。さらに最近、本人の無反省なコメントがupされたのにはあきれました。

「~綾織」の最初の部分には、作家飛鳥部氏のことばとして、
もう創作意欲など、どこかへ吹き飛んでしまいましたし
の記述がありました。これは非常に象徴的なつぶやきに思えます。
d0018433_1315888.jpg

[PR]
by bibliophage | 2005-12-13 01:26 | ミステリ-
<< 『砂漠』 新たな青春小説に感動... 『誰のための綾織』 Part1... >>