ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
『今日は残りの人生の最初の日』 王道の自己啓発書
d0018433_915065.jpg著者:ロビン・シーガー、小川敏子(訳) 
書名:今日は残りの人生の最初の日 Natural Born Winners
発行:サンマーク出版
正統派度:★★★★☆

29歳で悪性リンパ腫と診断され、それを克服したイギリス人著者による成功法則。

「夢を実現するなんて無理だ、と自分に思い込ませるのはたやすい。しかし、それではあまりにもったいない。あなたには成功できる力があるのだから。(はじめにより)」

サンマーク出版といえば、1995年の大ベストセラー春山茂雄氏『脳内革命』が思い出されます。胡散臭いと思いながらもタイトルに惹かれて読んでみました。

d0018433_9192715.jpg読んでみると非常にまともな啓発書で、潜在意識に繰り返し働きかける、決してあきらめずに粘るなど、この手の本の王道を歩む書、という印象です。ノートに書くことが重要だ、というところは神田昌典氏の『非常識な成功法則』にも通じる点でした。

シーガー氏の「成功するための7つの法則」とは、
①目標を明らかに ②明確なプラン ③自信 ④使命感 ⑤失敗を恐れない ⑥まるごと引き受ける(決してギブアップしない) ⑦自分を祝う(ほめる)、
だそうです。
d0018433_9193664.jpgS.コヴィー氏『7つの習慣』ほど堅苦しくない感じでしたw。

本書は今まで11言語に訳され60カ国で出版されたとのこと。ちょっと目を通してみるのもいいかもしれません。
[PR]
by bibliophage | 2006-01-31 09:21 | 評論
<< テニス:世界ランク1位のフェデ... 映画:「スターウォーズ エピソ... >>