ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『信玄』 戦国の巨星
d0018433_141810.jpg著者:横山光輝、(原作)新田次郎 
書名:信玄 (風・林・火・山・終の5巻)
発行:講談社(コミックス)
激闘度:★★★★★

歴史漫画の巨匠、故横山氏が描く武田信玄の生涯。

<信玄年表>
1521 誕生。
1541 父信虎を甲斐から追放。信玄堤を造り始める。
1546 勝頼生まれる。黒川金山採掘。
1547 甲州法度制定。
1552 信濃制圧。
1553 謙信と第1回川中島の戦い。
1559 剃髪し信玄と号す。
1561 第4回川中島の戦い。軍師山本勘助死す。
1568 駿河侵攻。
1569 三増峠で北条軍を破る。
1570 労咳悪化。
1572 三方ヶ原の戦いで家康を撃破。
1573 京都上洛の途中で病状悪化し、甲斐への帰路にて没す(53歳)。

いやあ、素晴らしい。
横山氏の歴史漫画といえば、「三国志」があまりにも有名です。私も何回も読みました。読み出すと止まらなくなります。
このコミックスは、1988年のNHK大河ドラマで中井貴一主演の「武田信玄」に合わせて描かれたとのこと。この度、ペーパーバックスとして再刊となり、コンビニで売られていました。

信玄がいかに戦い巧者だったか、内政の手腕も抜群で、英雄色を好むを地で行く姿も含めて魅力的に描かれています。横山氏の漫画は、男性も女性も存在感があって、あたかも動いているような印象を持ちます。
d0018433_143671.jpg家康を破ったところは圧巻で、以後家康は武田軍とは単独では戦いたがらなかったといわれています。それにしても、上洛途中で結核で倒れたのは残念でした。京都の信長は気が気ではなかったことでしょう。

正月のTVドラマで信玄の軍師である山本勘助の話が流れていました。また、来年の大河ドラマも勘助が主人公とのこと。おそらく信玄と勘助のブームが起きるのではないでしょうか。
[PR]
by bibliophage | 2006-02-06 01:44 | 漫画
<< 『丑三つ時から夜明けまで』 ゴ... 『銀齢の果て』 「バトル・ロワ... >>