ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
荒川市民マラソン: とにかく風が強かった…
朝、雨が降って心配しましたが、すぐにあがりました。
JR埼京線浮間舟渡駅は、ジャージにリュックにキャップという、いかにもランナーという人たちで埋め尽くされていました。駅から臨時の送迎バスで現地へ。車内で最後の栄養補給している人あり。
d0018433_17517.jpg現地到着。土手を越えると、受付のあるかなたのグラウンドは人だらけ。応募者は過去最高の2万人!とアナウンスされました。

スタートはゼッケン6000番台。号砲が鳴ってもなかなか進みません。スタート地点まで牛歩で5分以上かかりました。ここからやっと走り出します。周りにぶつからないように、気をつけて走って、最初の1kmは6分くらい。

徐々にスピードをあげて5分/kmくらいで定常状態に入りました。(ちなみにトップランナーというのは3分ちょっと/kmで走っています。私からみたら彼らは人間ではありません。)どこまでこの速度で行けるのか。

21km折り返しの時点で足が少し張ってきました。むむむ。去年もこんな感じだったので、気にせず走ります。

復路でまいったのは風。もろ逆風で、体を斜めにしてなんとか走ります。今年はやけに歩き始めている人が多いなぁという印象。足がつりそうないやな痛さが出てきました。徐々にスピードが落ちてきます。

30km過ぎでかなりきつくなりました。足がパンパンです。あと12km。いつもの練習なら問題ない距離じゃないか、と自分を叱咤。しかし、逆風が容赦なく体力をうばいます。

35kmで給水所のシャーベットを食べました。が、もう余裕が全くありません。36km過ぎの土手を走っていて、風にあおられた瞬間、足が止まりました。仕方なくwalkingに切り替え。しばらく歩いては、走り出し、また歩いては走るの繰り返し。マラソンでもろに歩いたのは、初めてです…ふぅ。

ということで、最後の2kmは16分くらいかかりましたw。タイムは推して知るべし。自己ベストはおろか、4時間以上かかってしまいました。
2chの陸上競技板にあるスレッドを読んだら、みなさんやはり風に泣いたようです。お疲れさまです。
d0018433_133181.jpgのど元過ぎれば熱さ忘れる。
走っていて、もう二度とマラソンはやらん!と思いましたが、帰宅して栄養とって休息したら、また来年も走りたくなってきましたw。マラソンは癖になるようです。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-20 01:13 | スポーツ
<< 『感染症は世界史を動かす』 ペ... 『脳髄工場』 相変わらずの奇妙さ >>