ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
『猫のなるほど不思議学』 愛猫家必携!
d0018433_0332094.jpg著者:岩崎るりは 
書名:猫のなるほど不思議学
発行:講談社(ブルーバックス)
猫パンチ度:★★★★★

チンチラのブリーダーで猫研究歴20年の著者によるネコ学のすべて。

「猫のお見合いで何より重視されるのは「メスの気立て」です。…
猫は実は純愛派でロマンチスト――特にオスにその傾向がみられます。(本文より)」

これは面白いニャア。
ブリーダーとしての豊富な経験と種々の文献に基づく膨大な知識を融合させた画期的なネコ本です。

第1章「ライフスタイル」: 古代エジプトで既にペットとして可愛がられ、プライドが高い反面、「ニャア」と甘え上手で人間を手玉にとってきた。
第2章「超能力」: 体操選手びっくりの「立位反射」を持ち、ビルの9階から落ちても助かることがあるとか。
第3章「セックスライフ」: メスネコは複数のオスと関係する場合も多く、交尾した日が排卵日だそうです。
第4章「種類」: 耳つぶれのアメリカン・カールや無毛のスフィンクスなど珍しいもの多数。
第5章「遺伝学」: ネコの性格は遺伝する。三毛猫はメスだけしかいない!…これは知らなかった。X染色体上に色遺伝子があるとは…。
第6章「健康」: 平均寿命約10歳。肉・魚好きで、ネコまんまは最低の食事。腎不全と尿路結石に注意。

この本を読むとネコが可愛く思えてきます。今までノラ猫を見つけると、そっと近づいて「ニャニャア!」と驚かす習慣がありましたが、かわいそうなのでそれはやめようと思いました。
[PR]
by bibliophage | 2006-04-07 00:35 | 新書
<< 『アシュリー』 光陰矢の如し… On line game: 「... >>