ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ジーコ・ジャパン最終戦
巻と玉田の先発は驚きでした。先制点を取って前半ロスタイムに入るまでは「もしや」の期待を抱かせたジーコ・ジャパン。興味をここまで引っ張れたことを評価したいです。

前半終了間際にロナウドのヘディングで同点になり「やっぱり…」。後半2点目のミドルシュートを入れられてほとんど終わりました。結局、ロナウドの絶好のリハビリになってしまいました。

一番みじめだったのは交代で入ってすぐ負傷した高原。おかげで小野が出られなくなりました。

d0018433_765361.jpg予選リーグを通して最も良かったのは稲本だと思いました。フィジカルが強くてW杯標準レベル。ネット投票を見ると川口が最も頑張っていたと評価されていますが、オーストラリア戦の判断ミスは流れを変えたので痛かった。柳沢・宮本・福西ははるかにレベル以下でした。

日本サッカーは、優れたストライカーと屈強なディフェンダーを選び出して4年後には飛躍して欲しいものです。
[PR]
by bibliophage | 2006-06-23 07:10 | スポーツ
<< R25を読んでみました ジーコ・ジャパンはそれなりに頑... >>