ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『史記』 その4  漢の統一
d0018433_0505455.jpg著者:横山光輝 
書名:史記 第6巻
発行:小学館(コミックス、My First WIDE版)
軍略渦巻度:★★★★★

横山氏の歴史漫画「史記」。項羽と劉邦、最後の戦い。

第6巻「背水の陣」:

項羽は楚に義帝を立てて秦を倒したが、各地で反乱は続いた。項羽の留守に彭城を落とした劉邦だったが、反撃されて命からがら逃げ延びる。しかし韓信の計略により、滎陽城外で劉邦ははじめて項羽を破った。その後、韓信は北伐に出て、楚と結んだ西魏、次に「背水の陣」をひいて趙を打ち破り、斉も平らげ、遂に斉王に封じられた。楚から漢に下った陳平は、「離間の策」によって項羽と范増の仲を裂いた。不利に陥った項羽は垓下に入り最後の抵抗をする。回りからは郷愁を誘う楚の歌が聞こえてきた(「四面楚歌」)。楚の兵は逃げ出し、虞美人は自決。項羽は漢軍に突入して死んだ。ここに前202年、劉邦は皇帝となった(漢の高祖)。その後、韓信はその力を恐れられ、候に格下げされたあげく、謀反の疑いで殺された。


軟弱で武芸もできず農民あがりで酒・女好き。そんな劉邦が、全くその逆の項羽に最終的に勝ったのは、人の使い方が上手かったこと、人の話をよく聞いたこと、のためのようです。人間性の勝利ですね。
そんな劉邦も、皇帝になってからは側近を粛清。国の安定化を図るためと、自身の猜疑心のためだったのでしょう。

漢建国に最も貢献した3人は、韓信、張良、蕭何と言われています。斉王となって天下三分も可能だったのに、劉邦を裏切れなかった韓信。その決断力のなさが、恐れを抱かせる能力の高さとともに、残念な最後を招きました。この巻で最も哀れな人物でした。

この後、ポスト劉邦をめぐって壮絶な争いが巻き起こります。
[PR]
by bibliophage | 2006-06-30 00:53 | 漫画
<< 京都に行ってきました 『ウィニー』 ウイルスがアップ... >>