ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『今すぐ使える!コーチング』 サポートする技術
d0018433_7194429.jpg著者:播磨早苗 
書名:今すぐ使える!コーチング プロコーチだけが知っているとっておきの方法
発行:PHP研究所
なるほど度:★★★★☆

コーチングとは何かの入門書。

「そもそもコーチングは、「人を成功に導くプロコーチのスキル」として発展してきました。このコーチング・スキルをマネジメントに使ったとき、組織の中に多くの効果を生み出す可能性が生まれます。(「はじめに」より)」

以前より気になっていた、「コーチング」。
この本を読んで雰囲気はつかめました。要するに、相手に「大事なことを自分で気づかせる」という感じですね。

これからの会社は、指示・命令による「統制型」から、「聴く」「受け入れる」「質問する」の3つのスキルを使う「学習型」に変わらないと生き残れない、とのこと。そのためにはコーチングが必要との趣旨でした。
上司としては、部下の中に解答がある、と考え、ヘルプではなくサポートせよ、と言っています。

基本的なスキルとして、「承認」「フィードバック」「ペーシング」「聴く」などがあり、各々「言葉で相手の存在を承認する」「相手の間違いを客観的にわからせる」「相手と穏やかな関係を保つ」「ニュートラルに広く本質を明らかにするように聞く」ということと理解しました。実際の会話例などもあってわかりやすい構成です。

う~む。理論的にはなるほどと思いますが、実際に応用するとなると、(私の場合)まず精神修養が必要ではないかと思いましたw。
[PR]
by bibliophage | 2006-07-05 07:21 | 新書
<< 『太陽の塔』 妄想青春小説 京都に行ってきました >>