ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『手塚治虫 ザ・ベスト 衝撃ホラー編』 手塚漫画を堪能
d0018433_865016.jpg著者:手塚治虫 
書名:手塚治虫 ザ・ベスト 衝撃ホラー編
発行:集英社(漫画)
充実度:★★★★★

不滅の漫画家手塚氏のベスト版。

<ペーター・キュルテンの記録、火の鳥(異形編)、どろろ(百鬼丸の巻)、はなたれ浄土、ブラックジャック(春一番)、ZEPHYRUS、七色いんこ(誤解)、など>

実在の連続殺人鬼を描いた「ペーター・キュルテン…」が最もホラーというべき内容でした。
「リボンの騎士」を思わせる女性剣士の輪廻の話「火の鳥(異形編)」。この2作が特に面白いです。
他に「アルジャーノン…」の本歌取りである「ZEPHYRUS」。
どろろ」「はなたれ浄土」も一度読みたいと思っていた作品でした。

この本を読んで、手塚漫画に出てくる女性がとても可愛いことを再認識しました。コマ割りもうまいし、絵は丁寧だし・・・。
やはり手塚氏は、日本漫画史上永遠にNO.1の存在ですね。

Book Off に行ったら早速この本が300円で売られていました。定価600円で、たぶん購入するのが一割の60円。Book Offさん、いい商売してますねぇ。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-04 08:12 | 漫画
<< 『不運のすすめ』 米長流の処世術 『姉飼』 夏はホラー >>