ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
『マッチメイク』 プロレスミステリー
d0018433_6273816.jpg著者:不知火京介 
書名:マッチメイク
発行:講談社(文庫)
ギミック度:★★★★☆

第46回(2003年)乱歩賞受賞作。

「新大阪プロレスに入門した山田聡。ある夜、総帥のダリウス佐々木がタイガー・ガンジーとの流血試合後に死亡した。著書に遺書めいたことを書いていた佐々木は自殺したのか?その後、この事件を調べようとした別のレスラーもトレーニング中に亡くなった。山田は同期の本庄とともに真相を探る。」

不知火氏はミステリー新人賞でいつも最終選考に残っていた実力者で、ついに乱歩賞か、と受賞当時思いました。
受賞・出版当時の評判はもう一つだったようですが、今回文庫化されたものを読んでみたらなかなか面白かったです。

マッチメイク」とは、試合の筋書きを考えること。ショーとしてのプロレスの最も重要なポイントで、これが真相とからんできます。なかなかいいタイトルだと思いました。

主人公の山田、同期の本庄、山田を鍛える前座レスラー丹下、この3人は良いとして、他にいろいろ出てくるレスラーのキャラが少しわかりにくい感じはしました。それで、犯人を考えにくいという点が、ミステリーとしてはひっかかるかもしれません。

しかし、プロレス界の隠語の話やレスラーのトレーニングの内容などが詳しく書かれているのも、興味深い点です。流血におけるレフェリーの役割には唖然としました。

文庫463ページと長めですが、リーダビリティーは高くすらすらと読めました。プロレスアレルギーがなければ、読んでみる価値はあると思います。新奇性という点では同時受賞の「翳り行く夏」よりも高そうです。

2作目の歌舞伎ミステリー「女形」も力作でした。次作にも期待します。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-30 06:37 | ミステリ-
<< 『悪魔のささやき』 人はなぜ魔... 『うつうつひでお日記』 すごい... >>