ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
『今日、ホームレスになった』 大手企業管理職→ホームレス
d0018433_5202661.jpg著者:増田明利 
書名:今日、ホームレスになった 13のサラリーマンの転落人生
発行:新風社
衝撃度:★★★★★

ホワイトカラー出身者たちの転落人生。

「図らずもホームレスになってしまった人たちと我々の間に、どれほどの違いがあるのだろうか。自分が彼らのようにならないという保証があるのか。(「はじめに」より)」

書店でふと見かけて読んでみましたが、インパクトが有り杉ました。
13名の元ホワイトカラー、現ホームレスに詳細なインタビューをすることで、なぜ彼らがそうなったかを具体的に記しています。

元大手総合商社次長、元ファンドマネージャー、元大手鉄鋼メーカー副部長。数年前まで巨大ビルで働いていた自分が、今はそれを見上げる公園で暮らしている…。これは辛すぎます。しかもその気持ちが徐々に薄れていくところがまた悲しい。

転落のパターンはかなり共通しています。
大企業勤務40代後半~50代→バブル崩壊、不況→リストラ、会社倒産→再就職不能→ローン破綻→借金→家庭不和→失踪。

ホームレスの生活も詳しく書かれていて、雑誌収集がいかに大事な仕事かわかりました。
とにかく他人事と言って済ませられない内容の本です。ガクガクブルブル…。
[PR]
by bibliophage | 2006-09-20 05:21 | 評論
<< 『安徳天皇漂海記』 マルコの冒険 『凶笑面』 民俗学ミステリー >>