ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『編集者T君の謎』 将棋世界の不思議エッセイ
d0018433_014397.jpg著者:大崎善生 
書名:編集者T君の謎 将棋業界のゆかいな人びと
発行:講談社(文庫)
諧謔度:★★★★☆

雑誌「将棋世界」編集者を18年。その後、作家としてベストセラーを連発する大崎氏による将棋界のエッセイ。

「私の将棋の本としては3冊目の出版になる。これを読んでひとりでも多くの方が、あの無垢にして純粋な将棋の世界に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。(「あとがき」より)」

あとの2冊とは、若くして癌で死んだ天才棋士を書いた『聖の青春』と奨励会で挫折した青年の話『将棋の子』のこと。後者は読みましたがとても面白かったです。

今回のエッセイは「週刊現代」での1年間の連載を内容別に章分けしてあります。特に面白いのがⅠ章「天才たちのスーパーバトル」。
・ 元名人でクリスチャンの加藤氏の傑作な話。
・ 名人になった佐藤氏が若い頃、大崎氏に怒鳴りつけられた話。
・ 著者が森下九段に「君が負けるのは弱いからだ」と言った話、などなど。

一方、本の題名にもなっているT君の話などは内輪ネタでイマイチ冴えません。

後に大崎氏の妻となる高橋和さんが、詰め将棋の年間最優秀作品に与えられる看寿賞を取っていたのにはビックリしました。

将棋連盟の運営などは棋士だけで決められており、将棋の人気凋落傾向を憂いて、棋士たちに苦言を呈するという硬派な面には感心しました。

全体的には、笑いがあってオチがある上手い文章で、将棋の世界がさらに好きになりました。
大崎氏の小説の方も読まなくてはいけないと思ってはいるのですが…。
[PR]
by bibliophage | 2006-09-30 00:02 | 評論
<< 『夜にそびえる不安の塔』 スピ... 『地下鉄に乗って』 タイムスリ... >>