ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『搾取される若者たち』 バイク便ライダーのお仕事
d0018433_7243167.jpg著者:阿部真大 
書名:搾取される若者たち -バイク便ライダーは見たー
発行:集英社
社会学度:★★★★☆

東大院生によるバイク便ライダー体験記。

<バイク便ライダーには「時給ライダー」と「歩合ライダー」がいる。前者から後者への転向はあるが、その逆は認められない。それはなぜか?>

車を運転していると、正直バイクほど危険で邪魔なものはありません。
そんなバイク嫌いな私も、バイク便には好意的です。
仕事をしている、と言う点で彼らには視線が温かくなってしまいます。

そんなバイク便労働の実態を、(著者いわく)参与観察(実際に経験して調べる)の方法で語るユニークな新書でした。

団塊ジュニア世代の問題とからめて論じているのは、新書としての体裁であって、あまり意味がなさそうです。
やはり面白いのは、ライダーたちの考え方、すり抜けの技術、などの実践編でした。

「歩合」にあこがれる「時給」ライダー。そこには趣味と仕事が重なることで生じるワーカホリックへの道がある、という指摘は斬新です。

危険な仕事であるライダーには脱落者も多い。できれば、その辺の事情をもう少し知りたかったですね。
[PR]
by bibliophage | 2006-10-27 07:25 | 新書
<< 『ららら科學の子』 中国帰りの... 『世界の日本人ジョーク集』 サ... >>