ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『ららら科學の子』 中国帰りのスロウ・ボート
d0018433_6181230.jpg著者:矢作俊彦 
書名:ららら科學の子
発行:文芸春秋(文庫)
活劇度:★★☆☆☆

三島由紀夫賞受賞作。

<学生運動のさ中の1968年、1人の男性が警察官に対する殺人未遂で手配される。日本の学生と連帯したいという中国人の招きに乗って、彼は上海に渡る。以後、貧村での30年の暮らしを経て彼は現代の日本に帰国した。>

文庫本528ページの大著です。全共闘世代の熱気、中国での苦難の生活、帰国後の浦島太郎的なギャップ、などが詳しく書かれています。

それにしても長すぎますねぇ。30年前と現代の東京の比較の話が延々と続くのには、さすがに私も根を上げました。で、途中から斜め読みに切り替え。これが功を奏して、ストレスが軽減し、最後まで読めました。

エンターテインメントとしては語るところはありません。中国脱出に使った蛇頭に捕らえられてもすぐ釈放されるし、女性との関係も異常にストイックだし…。
別れた妹の代わりの存在としてなのか、女子高生と知り合いになるのですが、これがかなり不自然。また、30年前妹と別れた際の描写が何度も出てくるのに辟易します。

面白いと思ったのは、学生時代の友人志垣の存在。ともに中国に行く予定だった志垣は、とある理由ですっぽかし、それが心の底のコンプレックスになっていて、帰国後の彼の金銭的な世話をやきます。その志垣はハワイにいて電話でしか話をしない、という設定はなかなか興味深かったです。
彼が30年ぶりに妹に電話する場面もあっさりしていて好印象。ハードボイルド風というか、諦念的というか、そんな雰囲気が流れています。

結局のところ、残念ながら、私にはこの作品があれだけ話題になった理由がわかりませんし、映画化されると知ってまた驚いています。受容体が欠けているみたいです。
[PR]
by bibliophage | 2006-10-30 06:25 | その他小説
<< DVD「猫目小僧」を観ました 『搾取される若者たち』 バイク... >>