ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ビリー・ジョエルのコンサートに行ってきました♪
d0018433_7221282.jpg1998年のエルトン・ジョンとの共演以来、久々の日本公演。
当日券アリとのことでしたが、東京ドームはアリーナ、1,2階席ともびっしり満員

これは…感動的に素晴らしかったです。
夜7時から2時間、アンコール含めて23曲ぶっ通し。これがあっという間!
大概が耳にしたことのあるヒット曲というのが凄い。

ステージは外野バックスクリーン。私の席は一塁側内野。本物はかなり小さいですが、左右のスクリーンで大写しになっています。予想していたより音は良く、ピアノ、声ともきれいに聞こえました。

ビリー・ジョエル、顔はじいさんになっていましたが、全盛期と変わらぬ声量、パワーでした。
2曲目のMy lifeで会場はもう盛り上がり、Honesty、New York state of mind、Allentown、Don’t ask me whyとヒット曲を連発。「日本でしかやらない」とか何とか言いながらThe Stranger。その後はJust the way you are、Movin’ out、She’s always a woman、etc。
最後、Big shot、It’s still Rock and Roll to me、You may be rightで締めくくりました。
アンコールの最後はPiano manでした。
中では、「シングルになってないが、みんなが楽しくプレイできる」とか言っていたZanzibarが一番印象的でした。
Uptown girlとかLongest timeとか今回やらなかったヒット曲がまだまだ残っているのが凄いですねぇ。

彼こそまさにEntertainerの中のThe Entertainerですね。
[PR]
by bibliophage | 2006-11-29 07:25 | 音楽
<< 『真夜中のマーチ』 奥田版「陽... 『官能小説用語表現辞典』 淫靡... >>