ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『プーねこ』 クールな猫が笑える
d0018433_653134.jpg著者:北道正幸 
書名:プーねこ 1、2巻
発行:講談社(コミック)
シュール度:★★★★☆

コミックアフタヌーン連載のネコギャグ漫画。

<・武蔵野の立派な屋根を好んで生活する少女イラカ。その愛猫はクロベエ。(「イラカの夢」)
・ 捨てネコのニャンプーを拾った小学生芹菜。家ではリストラパパが今日もお料理。(「日和見な日々」)
・ 探偵事務所を構えるネコ、天智小五郎。事件の知らせがあっても、面倒だから弟子ネコのコパヤシ君におまかせ。(「虹色仮面」) >

これは面白かったです(特に第1巻)。
上記のストーリー漫画と4コマ漫画を集めたもので、第1巻は2005年1月販売で、現在15刷と売れています。
可愛い少女とネコの掛け合い漫才のような内容で、ネコが無表情にクールな言葉をつぶやくところがシュールで良いです。
例:ニャンプーが芹菜に、「まあそういわずに頼むよキミ。 ご近所付き合いは最初が肝心なんらぜ」と散歩をねだる場面。

しかし、ギャグ漫画をレベルを保って続けるというのは相当に難しいようで、第2巻はやや失速気味なのが残念でした。

最も爆笑したニャンプーと芹菜ちゃんのシリーズの続きを是非読みたいと思います。
[PR]
by bibliophage | 2006-12-25 06:54 | 漫画
<< 『独白するユニバーサル横メルカ... 『となり町戦争』 2007年2... >>