ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今年読んだ本 何が1番?
d0018433_17381428.jpg2006年がもうすぐ終わります。あっという間の1年でしたが、サッカーワールドカップ、荒川静香の金メダル、テニスのフェデラー来日など、スポーツのことばかりが印象として残っています。スポーツ以外でも、最後にフセイン死刑という大きなニュースがありました。そういえば首相も交代したのでしたね…w。

さて、今年読んだ中で色々と心に残った本をあげます。

良かった本ベスト5> …読んで損をしないことは確かです。
1) 『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊 1/28
2) 『グレート・ギャツビー』 S.フィッツジェラルド、村上春樹訳12/2
3) 『ワイルド・ソウル』 垣根涼介 5/27
4) 『ガール』 奥田英朗 4/19
5) 『文学賞メッタ斬り!リターンズ』 大森豊、豊崎由美 9/16

衝撃を受けた本ベスト5> …ホラーかホームレス系ですね。
1) 『無痛』 久坂部羊 5/22 
2) 『独白するユニバーサル横メルカトル』 平山夢明 12/28 
3) 『今日、ホームレスになった』 増田明利 9/20
4) 『失踪日記』 吾妻ひでお 5/5
5) 『姉飼』 遠藤徹 8/1

(個人的に)期待を裏切られた本ワースト3> …期待し過ぎはいけません。
1) 『ららら科學の子』 矢作俊彦 10/30
2) 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 10/15 
3) 『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 5/17

今年は仕事の忙しさのためか、生来の怠惰な気質が首をもたげたためか、11月から読書速度があがらなくなりました。とても残念。
来年の目標は2日に1冊。できるだけ頑張ろうと思っています。
[PR]
by bibliophage | 2006-12-31 17:45 | その他
<< 『風光る』 少女漫画の醍醐味 『独白するユニバーサル横メルカ... >>