ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
『プロ弁護士の思考術』 人生は思考から
d0018433_1123415.jpg著者:矢部正秋 
書名:プロ弁護士の思考術
発行:PHP研究所
具体度:★★★☆☆

ベテラン弁護士の思考法を経験を交えながら解説。

「私は10年の間、弁護士業に携わってきたが、…その経験から会得した「物の考え方」…の中から七つの思考法を選んで解説を加えた…」

いかにもPHPらしいという感じ。
国際ビジネス法務を専門とする弁護士が、ちょっと高所から処世訓を書きました、という印象です。

章構成は下記。
1章:具体的に考える…精神論でなく具体的に相手企業の情報を集める
2章:オプションを発想する…深刻な問題には複数の選択肢を持つ
3章:直視する…先入観を疑う
4章:共感する…共感性によって他人を理解する
5章:マサカを取り込む…余裕を持って行動する
6章:主体的に考える…独立自尊の精神で思考する
7章:遠くを見る…大局的に見渡す

弁護士業務における実例よりも、「サウナが好きだ」などの個人的な趣味の話や、「葉隠れ」「五輪書」などからの引用が記憶に残りました。

目からウロコが落ちるという印象は受けませんでした。こちらの思考法に問題があるのかも知れませんw。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-02 01:22 | 新書
<< 『天才ファミリー・カンパニー』... 無敵のフェデラー 全豪で優勝 >>