ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
『ロマンチックウイルス』 何故にヨン様
d0018433_2392293.jpg著者:島村麻里 
書名:ロマンチックウイルス ときめき感染症の女たち
発行:集英社
ミーハー度:★★★★☆ 

韓流ブームが巻き起こった理由、その総合的分析。

「感染者は、従来のおとなミーハーのペースよりも明らかに速いスピードで、熱狂と妄想の花園へと、よりディープにのめり込むようになっている。わたしはそう見ています。(本文より)」


とてもわかりやすくて納得しました。「ロマンチックウイルスの感染」というキャッチフレーズが上手いですねぇ。

2004年の『冬のソナタ』とペ・ユンジュンから始まった韓流の熱狂。それも、今までと違った中高年女性の異常なのめり込み。いったいどうして起きたのか?

著者によれば、これだけアウトブレイクした理由は以下の如し。
1. TVで簡単に見ることができた。
2. 韓国の国家的バックアップ。
3. ミーハーの初心者が多かった。
4. マスメディアのすり寄り。
5. 甘くソフトで程よい古臭さ。
6. ネットでお仲間が見つかりやすい。
7. 中高年女性は今まで性的に抑制されてきた。…などなど。

一方、筋金入りのミーハーである著者(中年女性)は今回のブームに乗ることはなかったとのこと。

とにかく、このブームは「安全な妄想の上に成り立つ性的欲求の解放」ということのようです。そう考えると、たとえ妻がウイルスに感染したとしても、夫もちょっと安心できるかもしれませんね。多少、お金はかかるかも知れませんが。
[PR]
by bibliophage | 2007-03-24 23:20 | 新書
<< 『死刑のすべて』 極刑の作法 『夏季限定トロピカルパフェ事件... >>