ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
『もものかんづめ』 『まる子だった』 クールな視線
d0018433_10124499.jpgd0018433_10125499.jpg著者:さくらももこ 
書名:『もものかんづめ 』『まる子だった』
発行:集英社
客観視度:★★★★☆ 

百年の誤読』でベタ誉めされていたので(遅まきながら)読んでみました。

1. 『もものかんづめ』:1991年のベストセラー1位(出版年鑑)。
他には、『Santa Fe 宮沢りえ』、シドニィ・シェルダン『真夜中は別の顔』、ビートたけし『だから私は嫌われる』、小川洋子『妊娠カレンダー』 などがこの年売れています。

嫌われ者だった祖父の死を面白おかしく書いた「メルヘン翁」や親族紹介で失敗する父がオカシイ「結婚することになった」など、自分やその周囲の人間のドジぶりを、客観的にみつめて描写しています。肉親の死を茶化すというタブーをやってのけたのは、当時かなり衝撃的だったのではないかと思います。
そのクールなさくら氏が、自分に関する根も葉もない話(『たま』の知久氏との関係)にいたく怒って、その掲載雑誌を「女性器陰語名週刊誌」と書いていたのは意外性があって面白かった点です(隠語→陰語は文庫版の誤植か著者の意図か不明)。

文庫巻末の対談では、土屋賢二氏の自虐ユーモアに食われてしまっているのが残念でした。

2. 『まるこだった』: 『あのころ』に続く子供時代エッセイ第2弾。

授業中に空想の世界にひたっていたため、参観で母に恥をかかせた話「『うわの空』の詳細」、山口百恵に感動して‘女神降臨‘と書いた「モモエちゃんのコンサート」など17編。

ラジオ体操中にふと冷静になって「なんでこんなことやってるんだ」と思ったり、ずる休みが好きで風邪をなるべく長引かせたり、と変な小学生だった一方、捨て犬を飼えなくて泣いたり、七夕祭りの金魚すくいを楽しんだり普通の子供らしい面も書かれていて、そのアンバランスさのさじ加減が絶妙です

巻末の糸井重里氏との対談で、プロというのは「おれでも書ける」と思わせて「絶対書けない」ことを書くのが大事、ということで二人が一致しているのが印象的でした。
ほぼ日刊イトイ新聞」で5/9より同じ二人による対談が掲載されています。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-14 10:23 | ユーモア
<< 『ねじ式』 深遠なる叙情 『レヴォリューションNO.3 ... >>