ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
『不連続殺人事件』 論理的な結末
d0018433_7125212.jpg著者:坂口安吾 
書名:不連続殺人事件
発行:角川書店、双葉社(文庫)
正当推理度:★★★★★ 

太宰治と並ぶ戦後の純文学人気作家で、『白痴』『堕落論』の著者坂口安吾が書いた本格推理小説。エラリー・クイーン張りの読者への挑戦状とともに、犯人当て懸賞金まで出したという自信作。第二回日本推理作家協会賞受賞。

小説家の私は、詩人の歌川一馬からの依頼で、山中の彼の家におもむく。そこには、癖のある文学者:望月、丹後をはじめ、一馬夫人あやかとその昔の愛人、女流作家、女優、一馬の父多門とその妾、など多くの人々が集まってきていた。
山荘に客が全員そろった後、はたして次々と人が殺されていく。
そのいくつもの殺人事件は、同一犯による連続したものなのか?それとも不連続なのか?私の弟子である巨勢博士が真犯人を推理する。


江戸川乱歩が指摘したように、最初に登場人物がうじゃうじゃでてきて、かなり混乱します。しかし、さすがに安吾先生、文章が読みやすくて、読み進むうちに整理されてきます。
途中でなんとか犯人だけはわかりました。それだけ論理的でフェアな作品と言えると思います。

映画(1977年)についてはこちら。

坂口安吾作品では、ナンセンス文の極地である『風博士』も気に入っています。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-23 07:11 | ミステリ-
<< 10cc 来日 『「心理テスト」はウソでした。... >>