ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:新書( 53 )
『不機嫌なメアリー・ポピンズ』 英国階級社会・入門編
d0018433_70293.jpg著者:新井潤美 
書名:不機嫌なメアリー・ポピンズ
発行:平凡社
意外度:★★★★☆

英文学の専門家新井氏による作品を通したイギリス階級社会の解説。

イギリスの階級社会は貴族・大地主のアッパー・クラス、准男爵から医師・弁護士・富裕商人までのアッパー・ミドル・クラス、その下にミドル・ミドル、とロウアー・ミドル、そして労働者階級であるワーキング・クラスと別れている。特にミドル・クラス内部での結婚や教育による微妙な階級の上がり下がりが、イギリス文学や映画において重要なポイントになったり、コメディのネタになったりする。

これらの階級による微妙な英語の言い回しの差や考え方、生活の差が多くの作品に反映されており、幼少時より香港、イギリスなどで暮らした著者だからわかるその違いを、以下の作品を取り上げて説明しています。

1章:『エマ』 『ブリジット・ジョーンズの日記』
2章:『ジェイン・エア』 『メアリー・ポピンズ』 『レベッカ』
3章:『大いなる遺産』 『眺めのいい部屋』 『コレクター』
4章:『タイム・マシン』 『時計仕掛けのオレンジ』 『ハリー・ポッター』
5章:『日の名残』 『郊外のブッダ』

面白かったのは、原作でのメアリー・ポピンズはにこりともしない厳格なナニー(これが実際に近い)だったり、アッパー・クラスでは「インテリでないことが美徳とされる」ことなどで、この本を読む前のイギリスについての常識が全く違っていることがわかります。ミドル・クラス内部での上下に一喜一憂するイギリス人は、われわれには到底理解できないし、それだけ階級社会が歴然として存在することもはじめて知りました。

ハリー・ポッター』でのハリーが両親ともに魔法使いであるという「上流階級」であるのに対し、ハーマイオニーは(両親とも人間で)努力で「成り上がった」とみなされるというのも、階級社会の反映ということでした。

イギリス階級社会のわかりやすい入門書としておすすめです。

関連サイト: 英国通になるための豆知識 UnoMinのイギリス生活
[PR]
by bibliophage | 2005-06-23 07:00 | 新書
『靖国問題』 クリアな分析と曖昧な対策
d0018433_1261655.jpg著者:高橋哲哉 
書名:靖国問題
発行:筑摩書房
明快分析度:★★★★☆

現代西欧哲学を専門とする東大教授 高橋氏による靖国問題の分析。

多面的に靖国を取り上げて、そこに存在する問題を議論しています。
第一章は「感情」。歴史的には、靖国神社が、戦死者を顕彰(広く世間に表彰)することで、遺族の感情を「悲しみ」から「名誉」へと変換する「感情の錬金術」の中心機関であったということを説明します。
第二章は「歴史認識」。A級戦犯分祀問題と旧植民地出身者の合祀取り下げ問題について語ります。靖国問題は、戦争責任だけでなく、近代の植民地主義全体からとらえないといけない、というのが主張です。
第三章は「宗教」。憲法20条の政教分離規定により、首相の参拝は違憲になる、これは司法の判断でもあること。公式参拝をおこなうためには、①憲法「改正」か②靖国の特殊法人化しかないが、どちらも現実には不可能であること。また、戦時下においてキリスト者が無惨にも靖国信仰の中に取り入れられたこと、などが述べられます。
第四章は「文化」。靖国が「日本の文化」の問題であるという議論を糾弾しています。靖国が祀るのは「軍人の戦死者」だけであって、国内の民間人の戦死者は蚊帳の外であることなどが記されています。

次に、第五章「国立追悼施設」の話に進みます。以上の諸問題を自覚しつつ、「戦没者追悼」にこだわるためには「無宗教の国立施設」の建設という選択がでてくる。しかし「靖国派」の抵抗があって棚上げ状態である…。

ここまでは、著者の分析はとても明晰で、そうなのかと思いながら読み進みました。では、どういう対策を考えるのだろうのかと思っていると、
新たな追悼施設でさえ第二の靖国になる可能性は十分あり得る。それを絶つためには、戦争に備える軍事力を実質的に廃棄することだ
と来ました。
残念ながら、北朝鮮が核をちらつかせ、中国・韓国が常に国境を脅かしている現在、国防力を放棄するというのは非現実的であり、この部分の蛇足が惜しまれます。

しかし、靖国問題の由来から本質、現在の状況までをわかりやすくまとめた本書の意義は大きく、一読の価値はあると思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-06-13 12:16 | 新書
『「大岡裁き」の法意識』 日本人は本当に裁判嫌いなのか?
d0018433_702445.jpg著者:青木人志 
書名:「大岡裁き」の法意識
発行:光文社
解説工夫度:★★★★★

一橋大教授で比較法学の専門家である著者による、日本人の法意識についての歴史的考察。

現在の日本において、進行しつつある「司法制度改革」。これは、ロースクールの開設と裁判員制度の創設を二本柱としますが、この動きを第三の改革ととらえ、第一を明治期、第二を第二次大戦後とし、特に第一の改革について、まず1から3章で詳しく書かれています。

とっつきやすくする工夫として、最初に明治期の法学者 穂積陳重を取り上げて、その写真での変遷(マゲと帯刀→七三の髪に蝶ネクタイ→カイゼルひげにシルクハット→和服→洋服)を見せています。これが見事に西洋法の取り入れの歴史と平衡し、ボアソナードらによるフランス法の導入、イギリス法の影響、その後のドイツ法への傾斜といった流れがわかりやすく説明されています。
特定の人物に注目することに加え、法廷の見取り図の変遷:お白州→断獄廷→現在の形、を示しているのもわかりやすさのための工夫です。

その後、預けた息子の死をめぐる「隣人訴訟」事件の顛末にふれて、日本人の法意識に話を向け、「日本人が裁判嫌いである」とされる点についての色々な説を紹介しています。
本当に法嫌いなのか?コストの問題か?はたまた判決が予想しやすいために妥協するのか?

あとがきを読むと、この本が大学での著者の講義を文章化したものであることがわかり、読みやすさの理由に納得します。
よく工夫された入門書としておすすめできると思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-06-09 07:05 | 新書
『野垂れ死に』 (火宅の人)x三乗
d0018433_11104557.jpg著者:藤沢秀行 
書名:野垂れ死に
発行:新潮社
ダイハード度:★★★★★ 

天才囲碁棋士でかつ飲む・打つ・買うの王者、藤沢秀行氏の半生の記録。週刊文春5/26号、朝日新聞5/29に記事あり。

囲碁はルールを知っている程度の素人ですが、秀行先生のご乱交は時々耳にしていました。それにしても、この本を読んでビックリしました。スケールが違います。壮絶です。

前借りした対局料を全額競輪につぎ込み、高利で金を借りては負ける。事業を始めては、小切手・手形をバンバン使ってしまい、3億の借金で自宅まで差し押さえられる。外に女性を作っては、三年家に帰らない。酒に酔って夜中に裸で徘徊し、四文字語をわめく、吐血しても止めない。

しかし、これで終わらないのが天才秀行先生。最高位の棋聖を6連覇した時は、アル中の禁断症状と戦って酒を絶ち(防衛したらすぐ再開w)、書の個展を開いては大盛況、なんとか借金の方も落ち着かせています。その上、三種類のガンも克服し、もう80歳に!

d0018433_1112095.jpg囲碁に対する真摯な態度には感心しました。人一倍碁を勉強し、門下を問わず若い棋士を指導し、囲碁界の発展を願う姿勢。何事でも目いっぱいやる人なんですね。

この秀行先生を支えた奥さまもスゴイ!手記←が2003年に出版されています。ちょっと読むのが恐いです。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-29 11:12 | 新書
『これであなたも競馬通!』 素人向けの好著
d0018433_6493887.jpg著者:柏木集保 
書名:これであなたも競馬通!
発行:NHK出版
当たり馬券度:★★★★☆ 

競馬素人で馬券は買わないのですが、マジメな性格・仕事振りの人が、競馬の話をしだすと急に熱くなって止まらない、ということを何回か経験し、その魅力が何か知りたくて読んでみました。

門外漢にもわかりやすいように、まず世界における日本の競馬の位置について書いてあります。東アジア人は賭け事好きで、日本の売上は世界一であること。しかし国際格付けは低く、これからは海外馬の参入もオープンにし、海外遠征も増やすべきであること。

次に、生産牧場の減少や調教師制度のひずみなど、現在の日本競馬ビジネスにおける問題点の指摘がされます。日本中央競馬会(JRA)だけが潤い、地方競馬が先細る理由も述べられています。

最も興味を持ったのは、サラブレッドの血筋についてです。純血の象徴と思っていたサラブレッドが雑種の典型であること。時代を築いた種馬の系統も、三代までで消えていくこと。毛色がメンデルの法則で遺伝すること。

最後に、馬券のことが書かれます。世界一の売上げの理由である「枠連」のしくみ、新しく導入された「三連単」が 売上げの30%超を占める人気であることなど。

ともすれば歴代の名馬についての感傷的な話に陥りやすい競馬の本ですが、本書は淡々と素人に興味を持たせる書き方で好感を持ちました。読んだ後に、新聞の競馬の記事が少し違って見えた感があります。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-10 06:51 | 新書
『そうだったのか手塚治虫』 わかりやすい入門書
d0018433_254414.jpg著者:中野晴行 
書名:そうだったのか手塚治虫
発行:祥伝社
明快度:★★★★★ 

マンガ特に手塚治虫の作品に詳しい著者が、手塚マンガの代表作を年代別にあげ、執筆に影響したと思われるその時代背景や起きた事件と関係させながら解説する新書。

取り上げられている作品は、以下の通りです。
1 『鉄腕アトム』 『メトロポリス』 2 『地底国の怪人』 『ジャングル大帝』 3 『リボンの騎士』 『ナスビ女王』 4 『来るべき世界』 『ロック冒険記』 5 『ライオンブックス』シリーズ 6 『フィルムは生きている』 7 『0マン』 『魔人ガロン』 『W3』 8 『バンパイア』 『どろろ』 9 『人間ども集まれ!』 10 『地球を呑む』 『人間昆虫記』 11 『火の鳥』 12 『きりひと讃歌』 『アポロの歌』 13 『ブッダ』 『ブラックジャック』 14 『陽だまりの樹』 『アドルフに告ぐ』 15 『グリンゴ』

個人的に印象深い作品は、『アトム』 『リボンの騎士』 『ブッダ』 『火の鳥』 『アドルフ』です。

著者はさすがに手塚の専門家だけあって、作品のアウトラインを語るのが上手く、挿絵もタイミングよく入って読みやすい解説書になっています。

・ 『アトム』の自分探しは敗戦後の日本人のそれとリンクする。
・ 『リボンの騎士』は男女平等社会での女性のアイデンティティを描いた。
・ 手塚は『きりひと讃歌』で絵柄をがらりと変え、『ブラックジャック』で人気復活を遂げる。

全体的には、斬新な切り口と言うより、定説を納得できるような形で示しているといった感じです。
一方、TVアニメの人気のせいで、『アトム』がスーパーロボットになり過ぎたため、手塚自身が「アトムは好きでない」と語った、などの興味深いエピソードも多く書かれています。

手塚ファンの人もそうでない人も、読んで楽しめる本ではないかと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-06 02:12 | 新書
『世間のウソ』 常識とは非常識なコト
d0018433_7154438.jpg著者:日垣隆 
書名:世間のウソ
発行:新潮社
購入動機:著者のファン
なるほど度:★★★★★

辛口の評論家日垣氏が、「世間で常識とされていることや普通に流れているニュース」に対して感じた疑問について考えたもの。

著者の『そして殺人者は野に放たれる』が面白かったので、読みました。

1. 日本の公営ギャンブルは世界一搾取率が高く、省庁が権益を分配している(宝くじ→総務省、競馬→農水省、パチンコ→警察庁etc)。
2. 「鳥インフルエンザで大量の死者がでる」といった安全性についてのヒステリー的報道。
3. 手鏡エコノミストに対する集団リンチ的報道。
その他、
郵便の料金設定、陪審員を変形した「裁判員」なる珍制度、オリンピック誘致の買収工作などについて、「ウソ」である部分について書いてあります。

その中で、『そして殺人者~』でも書かれていた著者の主張:
・ 凶悪犯罪で刑法39条(心身喪失者の行為は罰しないetc)を安易に使うな
・ 精神鑑定は無意味
・ 凶悪犯罪は「動機の内容」ではなく、「被害の深刻さ」で裁け

が何度か出てきます。

全体的にさらっと読みやすく、共感できるところも多くて読む価値アリと思いました。世間の常識は、一度疑ってみる必要があるということがわかります。

最後の章で、「アメリカ人には本当のXXが多いので、ブッシュは再選された」「誰が大ウソつきの交戦家か気づくべき」と書かれているのもうなづけました。

d0018433_7161258.jpg日垣隆氏のHP
[PR]
by bibliophage | 2005-05-03 07:20 | 新書
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 マーケティングの勝利
d0018433_712948.jpg著者:山田真哉
書名:さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
発行:光文社
購入動機:書店で目について
目からウロコ度:★★★★★

どこの書店でも平積みされているベストセラー。現在25万部!4/24の朝日新聞にも書評あり。

著者の山田氏は公認会計士で、『女子大生の事件簿』シリーズも出しています。

日常の身近な疑問を取り上げて、会計に興味をもってもらう、という著者の意図は達成されています。下記のどの章を読んでも、なるほどと思ってしまいます。

1.  さおだけ屋が潰れない謎 → 利益の出し方
2.  誰も来ないフランス料理店の謎 → 連結経営
3.  在庫だらけの自然食品店の謎 → 在庫と資金
4.  スーパーの完売御礼で怒鳴られる謎 → チャンスロス
5.  麻雀でトップを狙わない打ち手の謎 → 回転率
6.  いつもワリカンの支払いをする人の謎 → キャッシュ・フロー
7.  キャッシュバック・キャンペーンの謎 → 数字のセンス

とにかくわかりやすさを重視してあり、数式は最小限、というかありません。フランス料理店にわざわざ行って、トイレの張り紙をみて理由がわかった、などというのはミステリー仕立てのうまさです。

それにも増して優れているのがタイトルで、著者のHPによれば、いくつかある候補の中からHP読者にアンケートを取って決めたとのこと。会計士はマーケティングも一流です。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-26 07:02 | 新書
『夢と欲望のコスメ戦争』 ドロドロした業界の「ナチュラル」な解説
d0018433_2212668.jpg著者:三田村蕗子
書名:夢と欲望のコスメ戦争
発行:新潮社
購入動機: 書店で目について
ツッコミ度:★★★☆☆

女性の夢と欲望が渦巻く化粧品ビジネス(=コスメ戦争)の歴史と現状をまとめた本。

この本を読むと、化粧品のトレンドの移り変わりが実感されます。
高度成長時代にもてはやされた小麦色の日焼けが、その後は日焼け防止→美白と変わっていく。口紅も色だけでなく、落ちにくさが追求され、その後はふっくらした唇というように方向を変えている。

また、ランコムによってはマスカラブームに火が付き、目力(めぢから)なるコトバが作られ、女性のナチュラル志向を見抜いて売れたクリニーク、「敏感肌」の女性の心をつかんで大躍進したDHCとファンケルなど、化粧品の流行とともに企業の盛衰がわかりやすく書かれています。

非常にシンプルで読みやすいのですが、ちょっと踏み込みが弱い感じです。ガングロがなぜ突然現れたかとか、化粧品の中身の原価率(5-10%)についてのこととか、こちらが詳しく知りたいことが通り一遍な印象を受けます。美容ジャーナリストと化粧品会社の駆け引きについても、もっと具体的な話が欲しい。林真理子「コスメティック」を読むと、もっとドロドロしているようだし…。d0018433_2222194.jpg 

とは言え、「週刊誌が化粧品会社のスキャンダル(DHCなど)をいくら流しても影響は低い、それは化粧品に対して女性が持つわくわく感を理解できない男性の論理によるからだ」という指摘は鋭く、考えさせられました。そういう意味では男性は読んでみるべき本かもしれません。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-16 22:07 | 新書
追悼 『噂の真相』
d0018433_7565787.jpg著者:岡留安則
書名:『噂の真相』25年戦記
発行:集英社
購入動機:書評
硬派度:★★★★★

1979年から2004年3月まで25年間、スキャンダリズムを追及してきた雑誌『噂の真相』。その編集長だった岡留安則氏による手記。

いや~、こんなに骨のある人物だとは知りませんでした。定期購読していればよかったと悔やまれます。
「硬派スキャンダリズムとヒューマンインタレストの二本立てによる編集」というのはちょっとカッコ良すぎますが、権力者に立ち向かう岡留氏の姿勢はひしひしと伝わってきます。やっぱりジャーナリズムはやや左よりで、体制にチェック機構として働くのが本道と思いました。

『噂の真相』が関係したものとして、ハウス食品脅迫事件(報道協定破り)、ロス疑惑事件(三浦和義氏を擁護)、筒井康隆断筆宣言、東京地検特捜部による名誉毀損罪での起訴(最近岡留氏の有罪が確定、宗像特捜部長へのスキャンダル報復)、北朝鮮拉致被害者報道(救う会への批判)、などがあり反骨的に一般報道の逆へ逆へと攻め込んでいます。

最も面白かったのは森元総理の売春検挙歴報道でした。学生時代のことではあるものの、ホントだったんですね~。岡留氏のすごい所は森氏の前歴カードの指紋まで入手した上で、誌上で森氏の実際の指紋(サイン入り手形など)を募集して、それが一致することも示したことです。「ハンニバル」のレクター博士みたいですね。

その森氏の怨念が、個人情報保護法への流れを生み、結果として『噂の真相』の休刊の理由の一つとなったのは皮肉ですが、とても残念なことです。右翼の編集部乱入による流血事件も休刊のもう一つの理由でした。

いつの日か、また『噂の真相』が復活するのを祈りながら、とりあえず週刊文春でも読むことにします。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-10 08:11 | 新書