ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:新書( 53 )
『科学する麻雀』 麻雀にツキなどなかった!?
d0018433_7494027.jpg著者:とつげき東北 
書名:科学する麻雀
発行:講談社
購入動機:書店で目について
理論実践度:★★★★★

以前、麻雀をしていた時はあまり勝てませんでした。その理由がこの本を読んでよくわかりました。

今まで麻雀を統計的にしっかりと解析した本はありませんでした。なぜ、この本の著者とつげき東北氏はそれができたのか?それは、彼が数理統計の専門家であることと、データを残しながらゲームのできるネット麻雀、東風荘に入り浸ったこと、が理由です。

東北氏は自分で解析ソフトを作ってデータを集め、新しい麻雀の常識を作りました。
 その例は、テンパイしたらすぐにリーチ、降りるときはベタオリ、相手の待ち牌は読むな、流れ(=ツキ)というものは存在しない(!)、などといった今までの常識を一蹴する驚くべきものです。それを数式とデータで示すためやたらと説得力があります。

彼の分析では振りこみ直後と上がり直後の一局において、振りこみ率や一発ツモ率に有意差はない、すなわちツキはない、としています。私はツキというものは物理学を超えたもの(=一種のオカルト)であり、手でヤマを積む→自動麻雀→ネット麻雀と進むにつれてその影響が低下するのではないか、と思っています。

実際に東北氏はネット麻雀でも相当上位にランクされる強豪であり、実践もされています。ただし「誌上対戦ではプロに敗れた」とのことなので、強いプロは東北理論を上回る戦略をもっていることになります。今後はプロの打ちスジも検討して、もう一段階上の理論を打ち立ててもらいたいものです。

東北理論と実践の詳しくは、氏のHPで
[PR]
by bibliophage | 2005-04-08 08:04 | 新書
『テレビの嘘を見破る』 テレビのやらせは許されるのか?
d0018433_0474039.jpg
著者:今野勉 
書名:テレビの嘘を見破る
発行:新潮社
購入動機:書評
目からウロコ度:★★★★★

著者の今野氏は多数の番組を作ったプロデューサー。生粋のテレビマンがその脚色の仕組みを明かした本なので、さすがに面白い。
例として、生保のCMで使われた母子の象の話。水中に落ちた子象と引き上げられた子象は別の象を違う時に撮ったもの!とか。

著者は、問題になったNHKスペシャルの「禁断の王国ムスタン」事件を話の中心にすえて、ドキュメンタリーにおけるやらせについて検証します。わざと落石させたり、高山病の演技をしたりなど、誇張、歪曲、捏造などが確かにあった、としています。
しかし結論として、テレビにおけるやらせは善悪の倫理で判断されるものではなく、はじめに事実に基づくというスタンスがあればどんな方法を使っても許される、としています。

確かに著者のように確固とした考えで番組を作っている人はOKと思います。しかし現実のテレビをみる限りはそうばかりとは思えません。視聴率を上げるために事実を捻じ曲げて作った番組が多いのが実態ではないでしょうか。

ところで、杉田かおるが24時間テレビで100km走ったというのは本当でしょうか。私は絶対にやらせだと思っていました。ところが、2chネラーの追跡サイト見てをみると意外な結果が…。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-06 01:02 | 新書
『超簡単!ブログ入門』 始めの一歩
私も今日からブログを始めます。

内容は本の紹介と感想です。
目的の一つは、部屋のすみに積みあがった未読の蔵書(=積読書)の整理。
ミステリー好き、恋愛モノ苦手ですが、手当たり次第に粗製♪濫読、の予定です。

皆さまのブログを拝見しましたが、とてもきれいですね~。
私のブログが少しでも皆さまの参考になれば、happyです。
どうぞよろしくお願いします。

d0018433_22151475.jpg著者:増田真樹
書名:超簡単!ブログ入門
発行:角川書店
購入動機:書店で目について
お役立ち度:★★★★★

何だよ今さら~、と言われそうですね。しかし、私にとってはとても大切な本。お茶の水の丸善で平積みになっていたので、思わず買いました。

グーグル社が社内ブログによって、無駄な電子メールを省き、共有情報からアイデアを得、また社員同士の理解も深まった、というエピソードを読んで、ブログの大きな可能性を知りました。
実践編では基本用語、レイアウトなどのわかりやすい説明とブログサービスの解説付きカタログがあり、著者のイチオシに従ってExciteを選びました。

私にブログを教えてくれた本、ということで感謝をこめて紹介しました。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-03 21:28 | 新書