ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:音楽( 9 )
ビリー・ジョエルのコンサートに行ってきました♪
d0018433_7221282.jpg1998年のエルトン・ジョンとの共演以来、久々の日本公演。
当日券アリとのことでしたが、東京ドームはアリーナ、1,2階席ともびっしり満員

これは…感動的に素晴らしかったです。
夜7時から2時間、アンコール含めて23曲ぶっ通し。これがあっという間!
大概が耳にしたことのあるヒット曲というのが凄い。

ステージは外野バックスクリーン。私の席は一塁側内野。本物はかなり小さいですが、左右のスクリーンで大写しになっています。予想していたより音は良く、ピアノ、声ともきれいに聞こえました。

ビリー・ジョエル、顔はじいさんになっていましたが、全盛期と変わらぬ声量、パワーでした。
2曲目のMy lifeで会場はもう盛り上がり、Honesty、New York state of mind、Allentown、Don’t ask me whyとヒット曲を連発。「日本でしかやらない」とか何とか言いながらThe Stranger。その後はJust the way you are、Movin’ out、She’s always a woman、etc。
最後、Big shot、It’s still Rock and Roll to me、You may be rightで締めくくりました。
アンコールの最後はPiano manでした。
中では、「シングルになってないが、みんなが楽しくプレイできる」とか言っていたZanzibarが一番印象的でした。
Uptown girlとかLongest timeとか今回やらなかったヒット曲がまだまだ残っているのが凄いですねぇ。

彼こそまさにEntertainerの中のThe Entertainerですね。
[PR]
by bibliophage | 2006-11-29 07:25 | 音楽
Earth Wind & Fire コンサート
d0018433_135453.jpg武道館ライブにいってきました♪

懐かしのミュージシャンということで、客の平均年令は比較的高め。
19時開演で、前座なくいきなり始まりました。
アリーナで前から5列目の席だったので喜んでいたら、スピーカーが近過ぎてちょっとまいりました。

前半、知っている曲では、
Shining Star, Reasons, Boogie Wonderland, After the love is goneなどが演奏され、名曲Sun Goddessが聞けてとてもうれしかったです。
途中は知らない曲やパートソロが多くて中だるみ状態でしたが、終盤はヒットメドレーで一気に盛り上がりました。Fantasy, September, Let’s groove, Getawayなどです。
アンコールはThat’s the way of the worldでした。
計1時間40分くらい。
ボーカルのフィリップ・ベイリーが太り過ぎなのが気になりましたが、ファルセットボイスは健在で、コンサート自体はなかなかよかったです。
[PR]
by bibliophage | 2006-01-20 01:36 | 音楽
『わたしの嫌いなクラシック』 豊富な語彙で表現する「こんなクラシックはイヤだ」
d0018433_7414414.jpg著者:鈴木淳史 
書名:わたしの嫌いなクラシック
発行:洋泉社(新書)
自在表現度:★★★★★

クラシックは洋楽ほど聞きませんが、この本はタイトルを見た瞬間に興味を持ちました。
「クラシック名曲集」とか「私の愛するクラシック」ではなく「嫌いなクラシック」をどのように書くのか。

・モーツァルト「魔笛」:アイドルも演歌もヒップ・ホップもゴッタ煮で出てくる紅白歌合戦みたいなオペラ
・ ブルックナー:構造や全体性をとことん追及するあまり、音楽の流れが中断してしまったり、愛想なくゴツゴツした音楽になってしまう

・ アシュケナージ:「うまい」ピアニストである。…ただ、彼の場合指揮はまるでダメだ。…指揮をすることで、ボク嬉しいなと喜んでいるレベルだ。
・ ティーレマン:サッカーの試合に喩えると、中盤不在の戦術…パス回しができないチーム…前線に放り込んでゴールを狙うという戦術だ。


最初にクラッシック用語でまともに解説し、次に気になる点をあげ、わかりやすい例えを用いて説明を付け加えるというパターンです。徹底的にけなすことはなく、40%ほめて60%けなすといったおもむきで、クラシック全体に対する造詣の深さと愛情を感じました。

特に日本「土着」の指揮者としての小林研一郎を「見得を切る歌舞伎役者」に例えたところは圧巻でした。
鈴木氏の特異な表現力に感心した一冊です。
[PR]
by bibliophage | 2005-08-12 07:44 | 音楽
『音楽ライターが書けなかった話』 ミュージシャンたちのちょっといい話
d0018433_1820565.jpg著者:神舘和典 
書名:音楽ライターが書けなかった話
発行:新潮(新書)
音楽好き度:★★★★★

20年以上音楽ライターとして生きてきた神舘氏が書く大物ミュージシャンたちの素顔。

私はなぜ音楽ライターをやっているのか――。……心が震える瞬間というのは、インタヴューで、音楽家も隠されている魅力や素顔に触れられたときだ。その喜びを忘れることができず、この仕事を続けている……(「はじめに」から)

まさに上記のように、著者の質問によってミュージシャンの本音、本質が表れるような内容になっています。
坂本龍一が映画「戦場のメリークリスマス」で、自分の俳優としての演技の下手さをマスクするために、出演場面すべてに音楽を入れた、とか。
EW&Fが彼らの思いとは別に、「ダンス・ミュージック」と評価されていたことに対して、「それなら逆にダンスを意識した作品を一曲だけ作ろう」ということで、『ブギー・ワンダーランド』が生まれた、とか。

他にも、「ロック・オデッセイ」という日本でのフェスティバルで、ザ・フーが演奏しているのを、トリが予定されていたエアロスミスが舞台袖から熱心に見ていた、などの話が載っていました。

ニューヨークでの大物ジャズ・プレーヤーたち(ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターetc)のインタヴューも読みごたえがあり、音楽好きであれば是非チェックすべき本だと思います。
神舘氏の音楽とミュージシャンに対する愛情が伝わってくる内容で、その点、烏賀陽氏の新書と好対照でした。
[PR]
by bibliophage | 2005-07-23 18:23 | 音楽
ミュージカル・バトン
楽生活ブログ kurauseiさん から「ミュージカル・バトン」を回していただきました。
音楽のことでしたら喜んで答えます♪

「ミュージカル・バトン」
1. 今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
2. 最後に買ったCD
3. 今聴いている曲
4. よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
この質問に答えて、5人のブロガーに同じ質問をトラックバックする。

d0018433_11164245.jpg
回答:
1→ ゼロ(笑)。iPod購入予定。
2→ アランパーソンズ・プロジェクトのベスト盤
    『 Works 』 
3→ 最後に聞いた曲:REMの 『 Losing my
    religion 』
4→ プリンス 『 Little red corvette 』
   スティーリー・ダン 『 Hey Nineteen 』
   マイケル・フランクス 『 Antonio’s song 』
   アース・ウィンド&ファイア 『 After the love is gone 』
   ドゥービー・ブラザース 『 Long train running 』 etc etc


さて、いつも見ているブログで音楽の記事があるものというと…
→ ショールームダミーズ ゆきさん 
→ 読んだ本、読みたい本、聞いたレコード hon_kamiさん
のお二方に回します。
ご迷惑かもしれませんが、気が向いたら回答よろしくお願いします♪
[PR]
by bibliophage | 2005-06-26 11:23 | 音楽
10cc 来日
名曲「アイム・ノット・イン・ラヴ」の10ccが7月に来日します。
元々4人組の英国のロックバンドで、途中2人づつに分裂 (スチュワート&ゴールドマンとゴドレイ&クレーム) しました。
今回は「グラハム・ゴールドマンとそのお友達」での公演なので、バンド名の由来からすると実質2.5ccというところですw。

・来日情報: 12 
・10cc関連サイト: 34 

d0018433_18355534.jpgd0018433_1836621.jpg
[PR]
by bibliophage | 2005-05-24 18:38 | 音楽
ジェフ・ベック来日♪
d0018433_2223915.jpg伝説のギタリスト ジェフ・ベックが来日します。
日程などは、70年代ロック少年 で。

詳しい本も出ています。→
『天才ギタリスト ジェフ・ベック 完全版』
(Shinko music mook)


公演が楽しみですね。
[PR]
by bibliophage | 2005-05-02 02:32 | 音楽
『Jポップの心象風景』 こ、これは…
d0018433_82507.jpg著者:烏賀陽弘道
書名:Jポップの心象風景
発行:文芸春秋
購入動機:書店で目について
目新し度:★☆☆☆☆

久しぶりにトンデモ本、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! ってところでしょうか。

Jポップのトップアーティスト8組の音楽性を通して、「日本人の内的世界に関する論考(著者あとがき)」を試みた新書。

1.  桑田佳祐(サザン)…日本土着文化とアメリカン・ポップスの同居した人格
2.  松任谷由美…母性原理を肯定するシャーマン
3.  GLAY…成長の物語を与え続ける好ましいキャラクター
4.  ブルーハーツ…アニミズム的な歌詞が新宗教と似た救済をもたらす
5.  草野マサムネ(スピッツ)…孤独な自分と死を見つめる表現者
6.  浜崎あゆみ…社会を救うため自己を犠牲に戦う女兵士
7.  椎名林檎…自分の内なる母親を殺して自立する娘
8.  B’z…欧米ロックのパクリがうまい人気者

内容をまとめると、上記のようになります。いや、この分析はいいんですが、っていうかまあそれはそうでしょう、というか。これをいちいちユングの精神分析とか、日本文化とかと無理やり結びつけないで欲しい。ポイントはずしてませんか?アーティスト分析:ひどいこじつけの薀蓄=15:85なので、読んでいてイタイし、辛いし…。

例えば、ユーミンの年末年始のコンサートツアーが、「日本人が無意識にたどる信仰行動」だ、とか(初詣でのことらしいんですが…)。Glayの20万人コンサートが、「困難に挑戦」する「成人への通過儀礼」だ、とか。
また、「Jポップを買うのは99%が日本人」なのは、「日本文化の集合的無意識」のためだ、とか。違いますよ、日本語だからですよ(笑)。ユングは泣いて、河合隼雄は怒るぞ~。

この本の最大のウリは書名です。これがウマイから買ってしまいました。
著者はAERAで、アーティストとの対談を多く手がけていたので、それに基づく部分は読むべきところもあります。また、Led Zeppelinの完全コピーバンドであるシナモンについて、などのトリビア情報も見られます。

しかし、名の知れた著者にしては、フ~ム?な著作ではないでしょうか。あとがきで、「Jポップは好きでなく、海外ポピュラーが好み」としれっと書いているのも減点ですねぇ。読み方に工夫がいる本です。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-22 08:08 | 音楽
AERA in Rock
d0018433_1241715.jpgAERAにはロック好きの編集者がいるようで、時々プログレッシブ・ロック(やハード・ロック)の記事が出たりします。が、プログレがリバイバルで流行っているという噂はさっぱり聞きません。

それなのにとうとう、臨時増刊でロック雑誌『AERA in Rock』なるものまで発売されてしまいました。
 
「ハード・ロックとプログレは昔は一つだったが、前者はディープ・パープル、後者はキング・クリムゾンという二つのバンドが登場することで、両者は決定的に独立分離することになった(by 山崎智之氏)」とのこと。

政治家・官僚・財界人のロックファンのアンケート:「ロックの呪いが解けない人々」が面白い。野田聖子議員はクイーン、ディープ・パープル、ELPのアルバムを好みとしてあげ、自分でもベースを弾いていたらしい。松本大マネックス証券社長はピンク・フロイド、プレスリー、ヴァン・ヘイレンのファンだそうです。

d0018433_1122134.jpg私自身はハード・ロックよりも、ソフトあるいはファンキーなものが好みですが、プログレも結構好きです(初期のGenesis など)。

さらに今年の1月より講談社からも、『Rock in golden age』なる雑誌がシリーズで発刊されました。世の中には思った以上に隠れロック・ファンがいるようです。
[PR]
by bibliophage | 2005-04-19 01:18 | 音楽