ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
『ショートショートの世界』 ショートショートの丁寧な入門書
d0018433_23431152.jpg著者:高井信 
書名:ショートショートの世界
発行:集英社
親切度:★★★★☆

ショートショートを得意とするSF作家、高井氏によるその歴史・書き方。

「そんなわけで、私は、ショートショートは「約20枚以下のアイデア・ストーリー」と定義したのです。(第1章より)」


第1章で「定義」について。小林信彦のエッセイ(1960年)に、最も重要な三要素として、完全なプロット・新鮮なアイデア・意外な結末、が挙げられている、とのこと。なるほど~。
第2章「歴史」では、サキ、O・ヘンリーからフランスの「コント」、アメリカの「ユーモア・スケッチ」を経て、サマセット・モームが「コスモポリタン」誌に書いたのがショートショートの誕生とされています。日本の元祖は城昌幸という人だが、1957年にデビューした星新一が「神様」であること。続いて都築道夫、阿刀田高、多くのSF作家たちがブームを作ったものの、1990年代から急速に衰退していったこと、などが書かれています。
d0018433_23433516.jpg発表の場として現在残っているのは「小説現代」のコンテストだけ、というのは悲しいことです。
星新一の作品をマンガにした←『午後の恐竜』(秋田書店)が紹介されていましたが、これは大変面白かった記憶があります。
第3章「書き方」。アイデア発生のパターンとして、①「もし~だったら」、②日常に感じた違和感、③異なる知識の組み合わせetcがあげられ、具体例が示されます。

全体に読みやすくてためになる本ですが、「歴史」の部分がちょっと長く感じました。もっと実際の作品の内容について知りたいところですが、それを書くのはやはりタブーなのでしょう。
多くのアンソロジーも紹介されていたので、読んでみたいと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-28 23:48 | 新書
『アイドル万華鏡』 アイドル、メッタ斬り!
d0018433_1905583.jpg著者:辛酸なめ子 
書名:アイドル万華鏡
発行:コアマガジン
痛快度:★★★★☆

漫画家、コラムニストの辛酸なめ子氏による容赦ないアイドル評。

「伊東美咲: ヌメった唇のアップは淫靡であからさまに女性器を象徴…
小倉優子: 綿矢りさ以外にも様々のバーチャルライバルを設定し…
竹内結子: 埼玉オーラを引きずっているせいか、服装がオシャレすぎないというのも…」

以前から面白いコラムを書くなぁと思っていました。これはその集大成。
上記以外にも、広末のクスリネタや牧瀬里穂と東山紀之の関係などイロイロ書かれています。文章がブラックでシニカルなユーモアにあふれています。「~しているかのようです、~かもしれません」などのソフトで主観を排したような語尾を多用し、その実、しっかり対象をコケにしているところが特徴です。
女性アイドル以外にも、クリスチャン・ラッセン(画家)とか東儀秀樹、氷川きよしなどが面妖な表現で評されていました。

この本は「BUBKA」などのアングラ雑誌に掲載された文章なので好き勝手に書いていて楽しめます。
しかし、週刊文春のコラム「ヨコモレ通信」は欠かさず読むのですが、どうもメジャーになるにつれて色々執筆に制限が出てくるらしく、最近はイマイチ切れがよくないのが心配です。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-25 19:01 | 評論
『ウィニング・アグリー』 すべてのテニス愛好家に
d0018433_7544493.jpg著者:ブラッド・ギルバート、スティーブ・ジェイミンソン
訳:宮城淳 
書名: Winning Ugly 読めばテニスが強くなる
発行:日本文化出版
実用度:★★★★★

シングルスランキング4位まで到達したプロテニスプレーヤ、ギルバート氏が語る試合での勝ち方講座。

わたしがテニスで大金を稼ぐことができたのは、自分の持っている才能と技術の可能性を最大に引き出す方法を考えることができたからだ。(前書きより)

ブラッド・ギルバートというと、名前はよく聞くが印象が全く残っていないプレーヤーでした。特に目立つ武器もなく、本書でもあるようにセカンドサービスが弱い。それでも、コナーズ、マイケル・チャン、ベッカー、エドバーグら超一流プレーヤを破って計500万ドル!を稼ぎ、あのマッケンローに引退を決意させています。いったいその秘密は何だったのか?

1. 対戦相手の弱点を分析してゲームプランを立てる。
 ・対ベッカー:ファーストサーブを入れる。フォアに緩い球を送ってミスをさせる。ストーレートにアプローチを打ち、バックのストレートパスを待つ。
・ 対コナーズ:フォア側に緩いスライスを打つ。ファーストサーブを思い切り打つ(セカンドサービスは緩くても攻撃してこない)。
2. 試合には準備が大切。
・ 水、バナナ、8~9本のラケット、マメ用テープ、消炎スプレー、着替え、靴と靴ヒモ(!)のスペア、メモとペン(思いついたアイデア戦略用!)etc。
3. スタートダッシュで勝負を決める。
・ 先にサーブをとらない。
・ 最初の2ゲームはとにかくミスしない。60%のスピードで打つ。
4. その他
・ 試合中に「だれがだれに何をしているか」分析する。
セットアップポイント(15-30、30-30、30-15など)を取る、等々。

テニス界最大の戦略家だったギルバート氏の考え方が、スーパースターたちとの試合模様を交えて語られます。宮城氏の訳も素晴らしくてとても読みやすい。1997年初版ですが、現在10刷とロングセラー。すべてのテニスプレーヤーが読むべき本だと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-23 07:58 | スポーツ
『東京奇譚集』 春樹先生活躍中
d0018433_6551830.jpg著者:村上春樹 
書名:東京奇譚集
発行:新潮社
奇譚度:★★★★☆

2005年3月以降に発表された作品に書き下ろしを加えた村上春樹氏の最新短編集。

1.「偶然の旅人」 ゲイで調律師の青年は、カフェで自分と同じディケンズの本を読んでいる女性と出会う。
2.「ハナレイ・ベイ」 サチは、息子がサーフィンをしていて鮫に襲われて死んで以降、毎年ハワイのそのビーチを訪れていた。
3.「どこであれそれが見つかりそうな場所で」 トレーダーをしている男性が、高層マンションから跡形もなく失踪した。
4.「日々移動する腎臓のかたちをした石」 小説家の淳平は「男の一生で意味を持つ女性は3人しかいない」という父のことばが心から離れない。
5.「品川猿」 安藤みずきは1年前からなぜか自分の名前だけが思い出せなくなっていた。

1. は「僕=村上はこの文の筆者である。」という前書き風の書き出しで、いつのまにか春樹ワールドに入っていきます。しかし内容的には、なんと言うことはなく、ジャズの薀蓄がやや鼻につき、2つの偶然の一致(シンクロニシティー)が起きるという話でした。
2. は、サチが言った「エルヴィス」を、「エルヴィス・コステロ」と解した若いサーファーの反応が笑えました。全体には「わたせせいぞう」風で、奇譚の内容もありきたり。「女の子とうまくいく3つの方法」というのは必見かもw。
3. 探偵役の男性が何をするのか期待していると、実は何もしない、というのが新しい気がします。この話に限らず、「デニーズ」とか「メリルリンチ」とかやたらと実在の固有名詞が出てくるのが目に付きました。
4. 淳平はパーティーで出会ったキリエとつきあうことになりますが、この女性が透明感があるというか実在感がないというか…。春樹ファンならきっと気にいる人物だと思います。文中にすごい駄洒落がでてくるのは好感が持てました。作中に出てくる腎臓石のイメージがユニークでした。

以上の1~4まで読んでどうもピンと来なくて困っていましたが、書き下ろしの5.が圧倒的に面白かった。相変わらず比喩が冴えていて、「春の夕暮れどきの月のような微笑み」「眠りを誘う目的の低予算環境ビデオみたいな人生」とか出てきます。猿に関する細かいユーモアも笑えました。ストーリーはかなりドラスティックなw展開をみせ、はっとするようなオチもあります。たぶん典型的春樹ファン(特に女性)は「何これ~」と感じるかも知れません。私はこの作品が最も好きです。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-21 06:55 | その他小説
映画:「チャーリーとチョコレート工場」を見てきました。
d0018433_20132778.jpg世界的に人気のウォンカ・チョコ。しかしそのチョコレート工場はすべてがオートメ化されていて誰も人が入れない。ある日、工場の持ち主ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)は、ゴールデン・チケットを引き当てた5人の子供だけを招待すると発表した。工場近くに大家族で住む貧乏な少年チャーリー・ バケットはそのチケットを当てて、とても不思議な工場の中を見学する。

短編の名手ドアルド・ダールの児童書 『チョコレート工場の秘密』 をティム・バートンが映画化。

工場の中はチョコレートの川が流れていて桃源郷の趣きです。しかし子供たちは自分の欲望のせいで、次々とひどい目にあっていきます。小人がそれをけなす歌を歌ってダンスを踊り、かなりブラックな内容。さすがにダールだけあって、子供向けの素直なだけの作品ではありません。
デップがトラウマを持った孤独で変な工場主を怪演しています。少年といっしょに工場を回る祖父もいい味出していました。
小人のダンスや三方向に進むエレベーターなどのCGも見所がありました。
結構面白かったという印象です。

映画のHP
[PR]
by bibliophage | 2005-09-18 20:14 | 映画
『白い部屋で月の歌を』 イメージが斬新なホラー
d0018433_941795.jpg著者:朱川湊人 
書名:白い部屋で月の歌を
発行:角川書店(文庫)
不思議イメージ度:★★★★★

直木賞を受賞した朱川氏のホラー短編集。表題作は第10回日本ホラー小説大賞短編賞。

私たちの仕事は除霊。先生が地場についた霊をはがして、私の心の中の「白い部屋」へと連れて来る。そのあと、そこから「鉗子」で引っ張り出して位牌や石の中に封じ込めるのだ。でも私は自分の過去についてはよく覚えていない…。(『白い部屋で…』)

東京から地方の山の町に引越してきた雅彦と昌子。何も娯楽がないところだったが、そこに住む人々は、なぜか皆とても親切だった。丘の上にはL字型の鉄柱が立っていたが、二人にはその用途がわからない。ある日、一人の老婆が自殺し、遺書として歌が書かれた紙が残されていた。(『鉄柱(クロガネノミハシラ)』)


朱川氏は同時期に、ホラー小説大賞(本作)とオール読物推理新人賞(『フクロウ男』)を受賞しています。後者を読んで、不思議なイメージが浮き上がってくる文章の上手さに驚いた記憶があります。今回本作を読んで、瞬く間の直木賞も、むべなるかなと思いました。

『白い部屋で…』 『鉄柱』 とも設定はよくあるパターンです。前者は地縛霊を取り除く話。後者は一見平凡な地方の町に隠される謎について。しかし朱川氏のイメージの発想と描写力がすぐれているので、表紙にも書かれているような「白い部屋」から「鉗子」で霊を抜き出すとか、丘の上にそびえる鉄柱などの絵が目の前に浮かんでくるようです。さらに冒頭から出された謎:「私は何者なのか?」「鉄柱の用途は?」、があるため、先が知りたくて読み進んでしまいます。この作者の本質は、やはりこういった霊とか因習とかがからむ少し不思議な世界観の物語なのだと再認識しました。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-17 09:06 | ミステリ-
『ブス論』 日本の歴史におけるブスの存在
d0018433_7112896.jpg著者:大塚ひかり 
書名:ブス論
発行:筑摩書房(文庫)
資料充実度:★★★★☆

古典エッセイスト大塚氏による太古から現代までの文献に書かれた「ブス」の意義について。

1. 神話時代:醜女化したイザナミは人の寿命を左右する「パワー」を持った存在。
2. 平安初期:仏教普及により、悪業の報いとしてのブス。
3. 平安中期:「枕草子」「源氏物語」にみられる詳しいブスの身体描写。
4. 中世初期:男性・父系社会の進展による女性蔑視の影響。「性格ブス」出現。
5. 室町~江戸:おかめ、お多福がブスの主役に定着。


巻末の参考文献が大量で、そこから「ブス」の記述を拾い上げてまとめた執念は凄いと感じられました。全体にやや繰り返しが多いのが気になりましたが、「源氏」の三大ブス:末摘花、花散里、空蝉の記述など興味が持てました。

現代日本は、誰でも美を追求できる豊かさがあり、ビジュアルメディアの影響などで、ますます見た目主義が普及し、外見が重要視されている、とのこと。
著者自身は写真をみるとブスというより美人の部類ですが、147cmの低身長に強いコンプレックスを持っているそうです。「ブス」ではないだけに描写が客観的ですが、切実性(本質性)に若干欠ける感は否定できません。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-15 07:12 | 評論
『マンガ 中国入門』 中国嫌いが加速する本
d0018433_150135.jpg著者:ジョージ秋山/黄文雄 
書名:マンガ 中国入門
発行:飛鳥新社
中華思想度:★★★★★

「浮浪雲」の漫画家ジョージ秋山氏が、台湾出身の評論家黄氏と組んで描いた現代の中国。

嫌韓流』の韓国に続いて、中国批判のマンガ:本書も売れています(8/30ヤフー書籍ランキング20位)。こちらの方がマジメというか、正面から書いている印象です。
電車の中で読んでいたら、学生に「受験のために読みたいから書名を教えて欲しい」と頼まれました(苦笑)。

第1章:「文化摩擦/文明衝突」では、領海での違法調査や尖閣諸島の領有問題を取り上げ、中国国内資源の不足、台湾への武力行動の準備、などから中国が海洋進出を図る様子が書かれます。
第2章:「反日の狂奔」。留学生寸劇事件や集団売春事件での日本人狩りや、サッカーアジアカップでの騒動について、「民衆の不満を反日に転嫁している」としています。
第3章:「反日の歴史」では「南京大虐殺」について、中国歴代王朝の大虐殺のコピーによる捏造と結論しています。白髪三千畳の国なので、相当誇張していることは推測されますが…。
第4章:「近代中国の歴史」では共産党の創立から現在までの経過、それに加えて何故か「食人文化」を取り上げています。「食人」については他に何度も出てきます。
第5章:「中国覇権」で、チベット、モンゴル、インド、ベトナムとの国境をめぐる戦争の歴史や「核で日本を消し去れる」という驕りの意識が書かれています。確かに、北朝鮮よりよほど危険な国といえるでしょう。日本のODAは軍事費に回されているという事態を何とかしてもらいたいものです。
第6章:「迷走する巨大国家」では、中国の国内問題:マフィア、物乞い、売春、エイズなどを指摘しています。

ジョージ秋山氏のクセのある絵が合わない人がいるかも知れません。(私は「銭ゲバ」などで慣れていましたw。)
とにかく中国がいかに「やっかいな」国であることがよくわかりました。日本の外交はもっと強気にいって欲しいものです。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-10 15:01 | 漫画
『救急精神病棟』 精神科医療の現在
d0018433_6344110.jpg著者:野村進 
書名:救急精神病棟
発行:講談社
苦闘度:★★★★☆

ノンフィクション・ライター野村氏が最先端の精神病院に泊まりこんで取材。

先日、71歳の男性が駅のホームで精神疾患と思われる女性に突き落とされ死亡するという事件がありました。精神疾患患者の犯罪が問題になっていますが、医療現場の実際はどうなのか。
著者は、幕張にある「千葉県精神科医療センター」という「精神科救急」を標榜する第一線の病院で2001年から約2年にわたり取材をしています。

いきなり、統合失調症の急性期で「第三次世界大戦が始まる~」と騒ぐサラリーマンの話が書かれていて、驚かされます。彼は9.11のテロ事件の事後処理に渡米し、現地での強いストレスによって発症した例でした。
この他に、突然の記憶喪失でパニックになった「健忘症」の女性、成田空港の近くで下着で騒いでいた患者、10年も風呂へ入らず、父親と二人でゴミの中で暮らしていた例、手洗いが止まらず水膨れになった「強迫神経症」の女性、など豊富なびっくりするケースを紹介しています。

そうした例の中で、現在の精神医療の発展や問題点をわかりやすく指摘しています。
・ 精神病の入院患者は34万人で、日本の入院患者の1/4に当たる。
・ 最近は「通電治療」の効果の見直しがなされていて、麻酔科医立会いの元にけいれんを起こさない形で使われている。
・ 統合失調症も早期の薬物治療により2/3がコントロールされるようになった。
・ 精神科医療の保健点数がようやく上げられたが、病院経営は依然として長期入院・薬漬けから脱却できてはいない。

特に最近の薬物治療の発展、統合失調症のメカニズムについての研究の進展には驚きました。
また、精神疾患は誰にでも起こりうること、患者に対する誤解・偏見は避けなければならないこと(難しいが…)もこの本を読んで考えさせられました。
池田小事件などに見られる「人格障害」者に対する対応は、なかなか難しいこともよくわかります。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-08 06:35 | 評論
『天使のナイフ』 けなすのが難しいハイレベルの作品
d0018433_19204057.jpg著者:薬丸岳 
書名:天使のナイフ
発行:講談社
綿密度:★★★★☆

第51回江戸川乱歩賞受賞作。著者は脚本家。

4年前妻を殺したのは3人の中学生だった。桧山は少年法に守られた彼らを憎み続ける。そんなある日、桧山の職場の近くで加害者の1人が殺害された。嫌疑を受ける桧山。続いてもう一人が、混雑した駅の桧山の近くで線路に突き落とされた。犯人は誰なのか?調べを続ける桧山の前に、妻の事件の隠された真相が徐々に明らかになってくる。

緻密にプロットが作られていて、それが無理なくつながっていて、文章も上手い。これは最終審査で満場一致で選ばれるのもうなずけます。こんな作品と比べられた他の候補者は不運だったというしかありません。

選考委員のあとがきにも書かれていますが、少年犯罪の問題だけでなく、贖罪にまで踏み込んでしっかり書かれているところが凄い点です。ある意味、東野圭吾の『さまよう刃』を超えています。普通は被害者の苦しみとその復讐を主点に、カタルシスを追及する形になるところですが、プロットが三段階くらいになっているので、それで終わらない工夫が施されています。

しかしさすがに東野圭吾の作品の方が面白いのは、本作はけれん味がないというか、真面目すぎるというか、そこまでは求めすぎだと思いますが…。
乱歩賞受賞作で読んだものでは、個人的には 『Twelve Y.O.』 『脳男』 『滅びのモノクローム』よりは明らかに上の作品だと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-09-03 19:24 | ミステリ-