ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
『グレアムヤング 毒殺日記』 出されたお茶が飲みづらくなる
d0018433_242491.jpg著者:アンソニー・ホールデン 
書名:グレアムヤング 毒殺日記
発行:飛鳥新社
戦慄度:★★★★★

11月はじめに世間を騒がせた静岡の女子高生の薬物投与事件。彼女の座右の書。

「おそらくぼくは彼らを人間として見ることをやめてしまったんだと思いますーというか、正確を期すれば、ぼくの一部がそうしたということですが。彼らはモルモットになっていたのです(本文より)」


「グレアム・ヤングの毒物歴:
0歳 生後3ヶ月で母結核で死亡。
2歳 父フレッド、モリーと再婚。
9歳 香水、マニキュアの瓶を集める。ナチ、黒魔術、犯罪などに興味を持つ。
12歳 化学・毒物学の専門書を読み漁る。愛読書『被告席の毒殺魔』。
13歳 薬剤店でアンチモンを購入。友人が腹痛、嘔吐を頻回に起こす。
   義母、体調をくずす。
14歳 姉、ベラドンナ中毒の症状。グレアム、タリウムを購入。義母、死亡。
   父も嘔吐・腹痛のため入院。父、グレアムを疑いだす。
   理科の担任がノートを見て、机の中の毒物に気づく。
   グレアム逮捕され、狂人犯罪者を収容するブロードムア病院へ送られる。
・・・・・・
23歳 品行方正な振る舞いにより刑期短縮で釈放。職業訓練所に通う。
   訓練所の友人が腹痛を起こす。
   光学器械製造メーカーに就職。グレアムお茶を配って歩く。
   グレアムの上司2人、腹痛・下痢・神経症状で入院し死亡。
   同僚2人は足の痛み・腹痛・脱毛を訴える。
   専門家は死亡した上司の症状を「タリウム中毒」と診断。
   グレアムの過去がスコットランドヤードに照会され、逮捕される。
・・・・・・
42歳 刑務所内で心臓発作により死亡。」

女子高生とグレアム・ヤングは、以前の薬物犯罪者を崇拝し、肉親をもモルモットとみなして毒物を投与した点はそっくりです。恐ろしいのは投与した相手に対し、憎しみの感情がないこと。淡々と毒を与えて平気な点です。まさに人格障害です。ヤングが初回に逮捕された時、鑑定した精神科医は「再犯の恐れが高いので早期に釈放してはいけない」と正しい判定をしていたのに、それはいつしかうやむやになってしまいました。女子高生の場合はどうでしょうか?

ヤングの逮捕が遅れた理由は、初回は「まさか14歳の子供が、肉親に毒物を投与することはない」と思われたこと、2回目は「風土病の感染症と間違われた」ことと「医者がタリウム中毒の症状を知らず診断ができなかった」ことです。
ヤングは自慢したがりの虚栄心を我慢できずに逮捕につながった点がありますが、もう少しクールだったらさらに被害者は増えていたことでしょう。

本書は事件直後の2~3週間前は品切れだったので図書館で借りましたが、現在増刷されているようです。チャールズ皇太子の伝記で知られるホールデン氏の出世作であり、訳もとても読みやすい。人間の心の闇を見つめることのできる本書は、一読に値すると思います。

1994年映画化されています。  
[PR]
by bibliophage | 2005-11-30 02:44 | 評論
「北斎展」に行ってきました。
d0018433_7491330.jpg上野の東京国立博物館でやっている「北斎展」を観てきました。
石森章太郎の漫画を読んでから興味を持っていたのですが、やっぱりすごい絵師ですね。

KINGDOM OF KATHARINE さんの記事を読んで、メチャクチャ混雑していることを知っていたので、11/25金曜日の夕方にしました。(金曜のみ夜8時まで開館です。)それでも熱心な方々が多くて、一列目で全作品を順番にゆっくり観賞しているのには脱帽!d0018433_7563227.jpg

エスカレーターで上がった階に、年代順に別れて4室に展示されています。まず出品目録を手に取ります。何回も変更した名前(春朗…北斎…為一…)別に1~6期に区分されています。
第一期 春朗期―習作の時代―20歳~
第二期:宗理期―宗理様式の展開―36歳~
第三期:葛飾北斎期―読本挿絵への傾注―46歳~
第四期:戴斗期―多彩な絵手本の時代―51歳~
第五期:為一期―錦絵の時代―61歳~
第六期:画狂老人期―最晩年―75歳~90歳

d0018433_7504763.jpg







メインの「富嶽三十六景」がある第五期から回ります。赤富士の「凱風快晴」が版画の刷り方によって色が違うのが面白い。「神奈川沖波裏」の周りは人だかりです。「諸国瀧廻り」シリーズも青色がきれいでした。
←そのひとつ「和州吉野義経洗馬」。
動物や魚などの絵も多く、「群鶏」「游亀」など。妖怪の絵「百物語」シリーズ。「堀川夜討図」の赤と紫がきれいです。

次に第六期で「柳に烏図」「赤壁の曹操図」etc。最後の「富士越龍図↑」は自分の寿命を悟ったように龍が昇天します。

第三期の美人画に回ります。「円窓の美人図」「五美人図」「酔余美人図↓」。
第四期の「北斎漫画」を見ると遠近法で書いてあったりして驚きます。
最後に第一期・第二期と見て、所要時間40分くらいでした。牛歩戦術していると4~5時間くらいかかりそうです。
d0018433_7524514.jpg風景画から美人画、動物や鳥などが多彩な方法で描かれているのに驚嘆しました。まさに巨人です。

「北斎展」は12/4(日)まであと1週間を残すのみです。12/3と4の土日は大変混雑すると思われるので、今から行かれるなら12/2(金)の夕方がよいかも知れません。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-28 08:05 | その他
アクセス解析 導入が意外と難しい…!
2005年4月からこのblogを始めて8ヶ月。何とか続けてこられたのも、皆さまのおかげです。できるだけ旬の本の情報を書きたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いいたします。

d0018433_14152838.jpgちょっとこの辺でアクセス解析を導入…と思ったのですが、意外と難しくてビックリしました。
多くの方が使っている 忍者ツールズのHP で導入方法の解説を読んでもさっぱりわかりません。 

その後、検索で見つけた あるべるのアトリエ さんの記事を見て、何とか設置することができました。感謝です。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-27 14:17 | その他
『御教訓カレンダー2006』 ワンパターンは構わないけれど…
d0018433_11321091.jpg主催:御教訓カレンダー大賞事務局
書名:御教訓カレンダー2006
発行:PARCO出版
爆笑度:★★★☆☆

知る人ぞ知る御教訓。今年でなんと31年目。

教訓・ことわざ・標語・CM・コピーなどのパロディ」ということで、要するにダジャレ・言い間違い・誤字・空耳の類いの投稿作品を集めたものです。

ビックリハウス」という昔の雑誌の人気企画が延々と続いていて、糸井重里氏らが審査員です。えっ、まだやっていたの!という方もいると思います。

私が気に入った作品:
突然、背後に女の低い声がアルトです…」(by粗醍醐味)

本日、あなたにとって とても大事なおしらすがありますーー大岡越前守」(by 鈴木康之 )

大賞~審査員賞の10作品はいずれもイマイチでした。知的なヒネリか大爆笑するようなインパクトがないと私的には楽しめません。
2004年からwebでの応募が年中できるようになり、作品数も3→4万台に増えた、とのことですが、そのせいでレベルが落ちているように感じます。
これは投稿作品がボツになっている私のヒガミも入っています。
(過去に2回だけ掲載されたことがありますが、最近はかすりもしません(涙)。)

御教訓カレンダーHP
[PR]
by bibliophage | 2005-11-26 11:36 | ユーモア
『鎮火報』 情報としては面白い
d0018433_0201496.jpg著者:日明恩(たちもりめぐみ) 
書名:鎮火報
発行:講談社
くすぶり度:★★★☆☆

『それでも、警官は微笑う』で第25回メフィスト賞を受賞した日明氏の作品。

不法滞在外国人のアパートばかりを襲う不審な火事。新米消防士の大山雄大は、知り合いの資産家、守らの力を借りて犯人を追う。

消防士の仕事・日常生活が細かくわかるというユニークさがあり、キャラクターも立っています。
雄大:主人公。不良あがりでいい加減だが、熱血漢です。
守:中年の謎の金持ち。盗聴などの情報収集力あり。
仁藤:雄大の幼なじみにして先輩消防士。マジメで自他ともに対し厳しい。

設定は結構面白いのですが、いかんせんリーダビリティが低い。雄大の一人称で、不良っぽさを強調するためのふざけた物言いや、多用される体言止めがうるさい印象です。最初の部分で慣れるまでは、何回か挫折しそうになりました。ノベルス版で分厚いし…。

真犯人とその動機については、あまりぱっとしない感じがしました。ミステリーというよりエンターテインメント情報小説という方が正しいでしょう。外国人の問題についてはよくかかれていると思いました。ニャン救:ネコを救う仕事、というものもあるのには笑いました。

続編を意識して守についての謎がそのままになっているのも、(私にとっては)ネガティブでした。シリーズ新刊『埋み火』が出ていますが、現在のところまだ食指が進みません。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-24 00:44 | ミステリ-
『生協の白石さん』 深いよ!!白石さん
d0018433_8222392.jpg著者:白石昌則 
書名:生協の白石さん
発行:講談社
わびさび度:★★★★☆

大学生協の「ひとことカード」での絶妙のやりとり。ベストセラーになっています。

「Q1:愛は売っていないのですか…?
A1:どうやら、愛は非売品のようです。もし、どこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。くれぐれもご注意ください。 [担当]白石 」

東京農工大学生協の職員白石さんは、利用者の質問・要望が書かれた「ひとことカード」の回答担当をしています。彼は「ネタ」のカードに対しても必ず答えを書き、それが面白いと評判を呼んで、blog まで作った学生がいて全国区の人気になりました。

確かに、モノを売るという生協の仕事を意識しつつ、ユーモアと教養と優しさを織り交ぜて書かれた回答はなかなか味わいがあります。白石さんのほのぼのとした人柄がしのばれます。

「Q2:リュウとケンはどちらが強いんですか?
A2:…推測の域を出ませんが、竜雷太と松平健の場合、全盛期なら竜雷太の方が腕力は上だと思われます。 

Q3:牛を置いて!
A3:…本日丁度職場会議が開かれたのですが、結局、牛は置けない、と決議されました。即決でした。申し訳ございません。」

A2でのボケや、A3での丁度・結局・決議・即決といったことば選びのセンスが秀逸です。
質問する方と白石さんの心温まる?交流をみていると、この大学の素朴なイメージが浮かび上がってきます。この本によって、東京農工大の知名度がかなり上がったことでしょうね。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-23 08:26 | ユーモア
映画:「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。
d0018433_18445640.jpg西岸良平氏の長期連載漫画 『三丁目の夕日』 を「リターナー」の山崎貴監督が映画化。

東京タワーが作られた昭和33年の東京。下町の自動車修理工場:鈴木オートに東北から集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。期待はずれのボロ工場と短気な工場主(堤真一)に愕然とする六子だったが、妻(薬師丸ひろこ)と小学生の息子に励まされて何とか順応しようとする。その前の駄菓子屋には流行小説家を目指すさえない青年(吉岡秀隆)が住んでいたが、彼は飲み屋のママ(小雪)に彼女の知り合いの子供:淳之介の世話を押し付けられてしまう…。

d0018433_18452318.jpgとても面白かったです。周りで結構泣いている人がいました。私もホロリとしました。
見所は昭和30年代の風物・景色(CGで製作!)と、下町の住民たちの人情厚い関係といったところです。
俳優は演技派がそろっていて素晴らしかった。メインは文学青年の吉岡秀隆で、熱いセリフでも臭く聞こえないのには感心。
淳之介君の姓には笑いました。

全編クライマックスという感じでヤマが続きます。見て損をしない映画だと思います。

公式サイト
[PR]
by bibliophage | 2005-11-20 18:47 | 映画
『陰陽師 飛天の巻』 心地よきワンパターン
d0018433_1275567.jpg著者:夢枕漠 
書名:陰陽師 飛天の巻
発行:文芸春秋(文庫)
キャラクター造形度:★★★★☆

夢枕氏の人気シリーズ第二段。

1.天邪気、2.下衆法師、3.陀羅尼仙、
4.露と答へて、5.鬼小町、
6.桃薗の柱の穴より児の手の招くこと、
7.源博雅堀川橋にて妖しの女と出逢うこと


だいたい以下のようなパターンで話が進行します。

博雅が一人で晴明の屋敷を訪れる→季節に合った庭の草花の描写→女の式神が出迎える。博雅からかわれる→縁側で晴明と博雅酒を酌み交わす→呪(しゅ)の話か音楽の話をする→「今日は何の用で来たのか?」と晴明が尋ねる→用件(どこかの屋敷で奇怪なことが起きる、ある人が変なものに憑かれているetc)を博雅が伝え、「お前の方面の話だから…」と言う→晴明承諾し、「ゆこう」「ゆこう」と二人で出かける……(事件解決する)…。

風景描写はとても細密で、「針よりも細く、絹糸よりも柔らかな雨が音もなく注いでいた」などと書かれます。
独特の副詞が出てきて、「ゆるゆると行く、ほろほろと酒を飲み干す」など。
「痛い」と「ああっ」が「あなや」と表現されます。
鬼が醜い正体を現したり、人を食ったりする場面は流石に上手くて気味が悪いです。
晴明と博雅の友好が何やらゲイっぽく感じられるのですが、まあ気にしないということで。

ワンパターンなのですが、キャラが立っているというのか、鬼退治のカタルシスが痛快なせいか、つられて読んでしまいます。十津川警部とか浅見光彦にはまるのと似たようなものなのかも知れません。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-19 01:30 | その他小説
『下流社会』 耳の痛い事実を無理やり教えてくれる本
d0018433_1215829.jpg著者:三浦展 
書名:下流社会
発行:光文社
正論度:★★★★☆

マーケティングの専門家三浦氏による二極化する階層の分析。

「下流とは、単に所得が低いということではない。コミュニケーション能力、生活能力、働く意欲、…総じて人生の意欲が低いのである。」(「はじめに」より)


売れています。確か35万部と新聞広告にありました。タイトルが上手いです。内容から言うと「二層化社会」という方が正確ですが、それだと売れないでしょうね。
おおざっぱに言えば、意欲・向上心を持たなくなった中流が下流に流れていって、上流との2層になる、という内容です。

第一章:中流化から階層化に社会がシフトすると、「中」に集中して大量生産するのではなく、「上」向けの高級品を売ることが必要になり、トヨタのレクサスや新宿伊勢丹メンズ館の高級化がこの例である、という主張はなるほどと思います。「LEON」が人気なのもそのせいでしょうか。

第二章:女性を、ミリオネーゼ系、お嫁系、普通のOL系、かまやつ系、ギャル系の5つに、男性はヤングエグゼクティブ系、ロハス系、SPA系、フリーター系の4つに分類し、消費者としての傾向を論じます。こういう類型化は無理があることが多いですが、この場合はインタビュー調査などに基づいていて、それなりに説得力があります。

第三、四章:特に団塊ジュニアの世代の下流化についての話。
第五章:「自分らしさ」を求めるのは下流の意識である、という厳しいご意見。『ドラゴン桜』の例をあげ、生活態度を改めて努力すべきことを語ります。
第六、七章:団塊ジュニアの階層別の消費と趣味のトレンドを調査に基づいて述べます。「下層」男性は、政治意識が強く、フジテレビとスポーツ観戦が好き、というのが興味深い点でした。

全体を通して気になった点は、調査・集計の標本数が少ないこと、上・中・下の分類が個人の意識という主観的な指標でなされていること、でした。
感心した点は、新しいものを取り入れるのが上手いこと。(「ロハス」「ドラゴン桜」に加え、斎藤環 『負けた教の信者たち』 の引用など。)また、下流に対するはっきりとした叱咤激励の態度です。ウザく感じられるかも知れませんが…。
未読の方は、立ち読みで「はじめに」だけでも読んでみるとよいと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-16 01:26 | 新書
『陰陽師』 安倍晴明:遅ればせながらMy Boom
d0018433_2227832.jpg著者:夢枕漠 
書名:陰陽師
発行:文芸春秋(文庫)
魑魅魍魎度:★★★★☆

伝奇小説の巨匠、夢枕氏の人気シリーズ。映画化、ドラマ化、漫画化されています。

漫画「今昔物語」を読んで以来、遅まきながら安倍晴明に興味を持ちました。

目次:1.玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること、2.梔子(くちなし)の女、3.黒川主、4.蟇(ひき)、5.鬼のみちゆき、6.白比丘尼


1. の最初は今昔物語のまんまで、若年の晴明が鬼を見た話、法師が晴明を試した話、蛙を葉っぱで殺した話、が出てきます。
その後に源博雅を晴明の親友として登場させたのが、夢枕氏一流の想像力の技であり、このシリーズが人気を博した理由の一つです。作者のいうようにワトソン役ですね。
2. はただのダジャレでイマイチですが、それ以外の話は鬼(化け物)の恐さとスプラッターの不気味さと晴明の術によるカタルシスがない交ぜになっていて独特の魅力にあふれています。個人的にはもう少し式神(晴明が操る鬼神)を自由自在に使って欲しいと思います。
d0018433_22272423.jpg野村萬斎主演の映画もレンタルして見ました。映画では蛙の代わりに蝶を葉っぱで切るエピソードに代え、6.の「白比丘尼」を小泉今日子扮する青音という女性に変形し、5.で出てきた帝の寵愛を受けた女の化身をシリーズ続編の「生成り姫」と合成(?)して登場させていました。(あの「生成り」の顔はちょっと…)。とにかく、映画化に当たって色々と工夫がなされていることがわかります。

残念なのは映画ではおどろおどろしさが足りないこと。スプラッターはちょっとマズイとの判断でしょうね。

岡野玲子さんの漫画も読んでみたいと思います。
[PR]
by bibliophage | 2005-11-13 22:35 | その他小説