ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
『瀬川昌司はなぜプロ棋士になれたのか』 色々な要素の組み合わせ
d0018433_783338.jpg著者:古田靖 
書名:瀬川昌司はなぜプロ棋士になれたのか
発行:河出書房新社
高揚度:★★★★☆

強すぎるアマ、瀬川さんの将棋プロ入り問題の総括。

「しかし当時の感覚では元奨励会員がプロになれる可能性は限りなくゼロに近く 「針の穴にバスケットボールを入れるようなもの」 だった。(終章より)」

社会現象にまでなった瀬川さんプロ入り問題。
この本を読むと、色々な要因が偶然に重なって瀬川棋士が誕生したことがわかります。

もちろん、第一に彼が対プロ成績が16勝6敗と抜群によかったことが前提にあります。奨励会を年齢規定で3段で退会した後、将棋に打ち込んでさらに強くなった珍しいケースです。

次に、応援してくれた人々の存在。遠藤氏らトップアマたち、自身も強豪である読売新聞担当記者の西條氏、瀬川氏と仲のよかった野月プロなど。
彼らの声援に支えられて、瀬川氏は連盟に嘆願書を出し、これを会長になったばかりの米長氏がサポートしました。

背景には、将棋人気の衰えからくる連盟の収入減少が大きく存在しており、とにかくこの企画で将棋を盛り上げようという機運が高まったことがあげられます。

これらの内容を淡々と、しかし的確に漏れなく描写した本書は、今回のイベントにかかわる知らなかったエピソードが満載で、とても読みやすいものでした。

しかし、世の中の移ろいは速く、瀬川フィーバーもいつの間にか忘れさられようとしています。彼のプロとしての今後は、現在勝率が5割以下(2勝4敗)であることからみて、かなり厳しいものでしょう。プロたちも、彼にだけは負けたくない、と気合を入れているようですw。

本書も力作であるだけに、もう少し早く出版して欲しかったところではあります。
今後の瀬川氏の活躍と第二弾 「その後の瀬川」 が書かれることを期待したいと思います。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-30 07:10 | 評論
映画 「The 有頂天ホテル」を観てきました。
d0018433_656268.jpg噂には聞いていましたが、出演者がとにかく凄かった。
役所広司、佐藤浩一、松たか子、唐沢寿明、香取慎吾、オダギリジョー、西田敏行、伊東四朗、津川雅彦…って全員主役級じゃないですか!
三谷幸喜監督・脚本だから集まったのでしょうが、俳優に凄い人気なんですねぇ。

<大晦日のホテルアバンティには色々と事情のある客たちが集まっていた。汚職でマスコミから逃げている議員、マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた鹿好きの男性、歌うのが嫌になった大物演歌歌手、カウントダウンパーティに出演する芸人たち、コールガールに大富豪の若い愛人etc。次から次へと噴出する問題を、何とか解決していく冷静な副支配人新堂。しかしその彼も昔の妻に偶然出会って、見栄で大ぼらを吹いてしまうハメに。総支配人は失踪するし、垂れ幕の文字は間違っているし、無事にパーティーは開けるのだろうか…。>

ノンストップで会話が続いて行き、とにかくスピード感があります。多くの出演者の個々のストーリーが並列され、時に絡み合って、複雑な構造の話ですが、それを破綻なくまとめる力はたいした物です。ホテル探偵という変なキャラがユニークで、スチュワーデスの服の謎を指摘したりするのもなかなか面白いと思いました。

私が演劇を見慣れていないせいか、時々ひっかかるところもありました。例えば、新堂が元妻にウソをつき始める場面や、客室係ハナのことを男が父の愛人と勘違いする場面。普通はもう少し前置きの説明が入るところで、事態がすっと理解できませんでした。また新堂がキーをもらっていたスイートルームに(誰もいないと思って)入っていくのにも、疑問を感じました。

笑わせてやろうという気持ちはわかるのですが、ガチョウのネタも、白塗りの支配人の話も引っ張り過ぎの感あり。全体的に、私にとってはあまり笑えないコメディでした。

もちろん、大物役者たちの演ずる群像劇としては文句のないできばえで、観る価値は十分です。

映画HP
[PR]
by bibliophage | 2006-03-27 06:58 | 映画
『モーツァルト 天才の秘密』 モーツァルトの伝記、決定版。
d0018433_8475672.jpg著者:中野雄 
書名:モーツァルト 天才の秘密
発行:文芸春秋
神童度:★★★★★

音楽プロデューサー中野氏によるモーツァルト伝。

「仮に器楽作品や宗教音楽が一曲も書かれなかったとしても、《歌劇 フィガロの結婚》の作者でさえあれば、モーツァルトの名は音楽史に「革命児」として刻まれ、末永く語り継がれることになったであろう。(本文より)」


これは面白い。
モーツァルトがいかに天才であったか、どうして天才に成り得たか、そのわりに定職に就けなかったのはなぜか、などがこの本を読むとわかります。

最高の音楽教師であった父、本人の桁外れの学習能力、就職活動のための繰り返される演奏旅行、優れた他の才能との出会い、などがモーツァルトの中で交じり合って素晴らしい作品群として昇華されたようです。

d0018433_84816100.jpgアマデウス」で描かれたあの軽薄モーツァルトはここには存在しません。当時の音楽の最高権威サリエリは彼を問題にしていなかったようで、毒殺などありえないハズです。

また、各章末に書かれるおすすめCDの解説が、音楽プロデューサーならではの名表現にあふれています。
「ターティスはヴィオラを…独奏楽器として市民権を獲得せしめた歴史的巨人。歌舞伎の大見得を切るような演奏で、第二楽章はまさに号泣。(協奏交響曲変ホ長調 K364)」

モーツァルトの音楽表現が深く難しくなり過ぎていき、オペラで被支配階級にスポットライトを当てた結果、ウィーン貴族から見放されて落ちぶれる様は悲哀に満ちています。

d0018433_848345.jpg久々に新書で感動しました。プロローグを読むときっと全部読みたくなると思います。

今年はモーツァルト生誕250年、ということで記念CDがたくさん売り出されていました。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-26 08:49 | 新書
『感染症は世界史を動かす』 ペストから鳥インフルエンザまで
d0018433_6595795.jpg著者:岡田晴恵 
書名:感染症は世界史を動かす
発行:筑摩書房
警鐘度:★★★★☆

感染免疫学の専門家による感染症の世界史。

「しかしスペインかぜウイルスの場合のように、鳥のウイルスがそのまま人型に変身した場合には、…強い病原性は、…新型ウイルスに引き継がれる可能性が高い。(本文より)」

タイトルが抜群にいいので、これだけでもかなり部数を稼いでいることでしょう。
取り上げられている感染症は、
ハンセン病・ペスト・梅毒・結核・インフルエンザです。
いずれも多くの歴史資料に当たり、当時の社会の状況とからめて感染症の実態を伝えています。ペストと中世、梅毒とルネサンスなど。

まるで見てきたかのように語る文章で、劣悪な衛生状態・過酷な労働条件・堕落した聖職者などの様子が目に浮かびます。ただ、内容が重複してちょっと冗長な印象を受けるところもあります。

が、現代のインフルエンザの話になると、トーンが一転してシャープで科学的な描写になります。
今、世の中を騒がせているH5N1型の鳥インフルエンザがなぜ怖いのか?…ウイルス表面のHA蛋白が体中すべての細胞に入りやすい構造であり、全身感染を起こし、致死率50%の高毒性であるからです。現在はトリからヒトに感染している状況ですが、もう一変異が加わりヒトからヒトに感染する型になると、大変なことが起きます。輸送手段の発達した現代では、感染は飛行機に乗ってあっという間に…。
この辺りの恐さがよく理解できました。

感染症恐るべし、です。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-23 07:00 | 新書
荒川市民マラソン: とにかく風が強かった…
朝、雨が降って心配しましたが、すぐにあがりました。
JR埼京線浮間舟渡駅は、ジャージにリュックにキャップという、いかにもランナーという人たちで埋め尽くされていました。駅から臨時の送迎バスで現地へ。車内で最後の栄養補給している人あり。
d0018433_17517.jpg現地到着。土手を越えると、受付のあるかなたのグラウンドは人だらけ。応募者は過去最高の2万人!とアナウンスされました。

スタートはゼッケン6000番台。号砲が鳴ってもなかなか進みません。スタート地点まで牛歩で5分以上かかりました。ここからやっと走り出します。周りにぶつからないように、気をつけて走って、最初の1kmは6分くらい。

徐々にスピードをあげて5分/kmくらいで定常状態に入りました。(ちなみにトップランナーというのは3分ちょっと/kmで走っています。私からみたら彼らは人間ではありません。)どこまでこの速度で行けるのか。

21km折り返しの時点で足が少し張ってきました。むむむ。去年もこんな感じだったので、気にせず走ります。

復路でまいったのは風。もろ逆風で、体を斜めにしてなんとか走ります。今年はやけに歩き始めている人が多いなぁという印象。足がつりそうないやな痛さが出てきました。徐々にスピードが落ちてきます。

30km過ぎでかなりきつくなりました。足がパンパンです。あと12km。いつもの練習なら問題ない距離じゃないか、と自分を叱咤。しかし、逆風が容赦なく体力をうばいます。

35kmで給水所のシャーベットを食べました。が、もう余裕が全くありません。36km過ぎの土手を走っていて、風にあおられた瞬間、足が止まりました。仕方なくwalkingに切り替え。しばらく歩いては、走り出し、また歩いては走るの繰り返し。マラソンでもろに歩いたのは、初めてです…ふぅ。

ということで、最後の2kmは16分くらいかかりましたw。タイムは推して知るべし。自己ベストはおろか、4時間以上かかってしまいました。
2chの陸上競技板にあるスレッドを読んだら、みなさんやはり風に泣いたようです。お疲れさまです。
d0018433_133181.jpgのど元過ぎれば熱さ忘れる。
走っていて、もう二度とマラソンはやらん!と思いましたが、帰宅して栄養とって休息したら、また来年も走りたくなってきましたw。マラソンは癖になるようです。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-20 01:13 | スポーツ
『脳髄工場』 相変わらずの奇妙さ
d0018433_11175028.jpg著者:小林泰三 
書名:脳髄工場
発行:角川書店(文庫)
不確定性度:★★★☆☆

第2回ホラー大賞短編賞 『玩具修理者』 の小林氏の最新短編集。

1.「脳髄工場」: 近未来。最初は犯罪者の矯正のために装着が義務付けられていた「人工脳髄」だったが、社会の均衡と安定を保つために一般の人たちもほとんどがそれを頭につけるようになっていた。
2.「友達」: 小心者で苛められっ子の僕。あこがれの鮎川みちに好かれるために、僕は強い別人格である「ドッペル」を心の中に作り始めた。
他に「停留所まで」「同窓会」「鏡の国」「声」「C市」「アルデバランから来た男」「綺麗な子」「写真」「タルトはいかが?」の計11編。 

全編モノクロームの雰囲気を持つ小林ワールドが広がっています。
1.の表題作は、発想としては目新しくはないですが、人工脳髄を装着するのが散髪屋の親父の仕事だったりするところが面白い。坊主刈りされた頭に「脳髄」を力任せに押し込む、血と脳漿が飛び散る、といった描写がユニークでした。

小林氏の短編は、必ずシャープなオチが用意されているところに感心させられます。その主なパターンは、「主客の転倒」。「停留所まで」「同窓会」などがそれに該当します。

ホラーの他にSF的な作品:「C市」「アルデバラン…」etcも含まれており、小林氏は 『海を見る人』 で98年のSFマガジン読者賞を受けています。

また、量子力学の「観測問題」の話が2ヶ所に出てくるところが、工学部出身の小林氏らしいと思いました。

個人的にはなかなか楽しめましたが、全体を通して、ちょっとセンスが古いという印象を受けるかもしれません。(「C市」は斜め読みするのがよさそうです。)

小林氏HP
[PR]
by bibliophage | 2006-03-18 11:20 | ホラー/SF
将棋: 谷川九段、名人に挑戦決定!!
d0018433_320197.jpg先ほど、森内名人への挑戦者決定戦で、谷川九段が羽生三冠を破りました。
asahi.com

羽生優勢の終盤で、谷川の指した妙手によって、一瞬にして形勢が逆転しました。

毎日新聞の将棋の有料登録をしていない私は、2chの将棋板で、実況してくれるヤシだけが頼り。しかし、谷川の必殺の金打ちが出た辺りから、優劣が混沌として、みんなどちらが勝つのかわからなくなって大混乱。おまけに毎日のサーバーが落ちたようで、棋譜更新がストップ。いったい、どちらが勝ったのか、誰にもわからない状態に。その結果、デマ(↓)が飛び交い大騒ぎになっていました。

「60 :名無し名人:2006/03/17(金) 01:15:57 ID:Us/y0xod
谷川投了キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!!!

175 :名無し名人:2006/03/17(金) 01:19:33 ID:42KRfy2j
電話して聞いた。 羽生勝ち。信じろ。

187 :名無し名人:2006/03/17(金) 01:19:56 ID:3LYIndPS
そうか。実は千日手になったんだ。 」

結局、主催紙でない朝日新聞のサイトが一番早く結果を報じることになってしまいましたw。

ここまで来たら、谷川九段には、何が何でも森内名人に勝って、是非もう一花咲かせて欲しいと切に願います。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-17 03:21 | ゲーム
『グーグル完全活用本』 知らなかった使い方満載
d0018433_76993.jpg著者:創芸舎 
書名:グーグル完全活用本
発行:三笠書房
徹底度:★★★★☆

Googleの使い方の詳細な解説。

グーグルは“ただの検索サイト”ではない。よく指摘されるように、一種の「人工知能」とも言うべきものだ。(「はじめに」より)

私の場合、検索するときは、まずヤフーでやってみて、イマイチなときにグーグルのウェブ検索を使っています。また、イメージ検索は便利なので、よく使っています。

しかし、この本を読むと、グーグルの機能の百分の一くらいしか活用していなかったことがわかりました。「I’m feeling lucky」検索もクリックしたことがなく、「これは広告サイトかな?」と思っていたくらいですw。

不要な情報をカットする「マイナス検索」やうろ覚えの固有名詞の場合に「ワイルドカード検索」、ことばの意味を調べる「~とは?」検索etc。

驚いたのは、世界中の風景の航空写真サイト「グーグルアース」でした。
また、「ローカル検索」で、マウスで手軽に移動できる地図というのも便利だと思いました。

他の方には当たり前のことでも、グーグル素人の私には知らなかったことばかりです。ということで、さっそく「グーグルツールバー」でもダウンロードしてみようと思います。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-15 07:07 | 評論
マラソンまであと一週間
d0018433_1302738.jpg3回目のフルマラソン挑戦まであと7日。出場予定レースは荒川市民マラソンです。 → HP

今年で9回目のこの大会は、昨年の参加者1万4000人!(←写真)。制限時間が7時間で、完走率が96%という初心者に優しいものです。都内で行われ、足の便もマズマズ。ということで、毎年のマラソン参加者満足度調査で連続1位を記録しています。
(当日朝のJR浮間舟渡駅は参加ランナーたちで寿司詰めの状態になるんですが…。)

コースの数キロメートル毎に給水ならびに給食があって、すごく充実しています。一番苦しい35.4km地点には、名物のシャーベットが置いてあり、最後のリフレッシュが可能です。ここまでたどり着ければ、完走が見えてきます。

問題はタイムです。この2週間は自分にしては走りこんでいるつもりなのですが、いかんせん長距離を走るとペースがガタ落ちするのが辛いところです。なんとか前回のタイムより10分くらいは縮めたいと思っています。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-13 01:35 | スポーツ
『イン・ザ・プール』 ちょっとズサンな医学コメディ
d0018433_032613.jpg著者: 奥田英朗 
書名:イン・ザ・プール
発行:文芸春秋(文庫)
お笑い度:★★★☆☆

精神科医伊良部シリーズの初回短編集。

1. 「イン・ザ・プール」: 体調不良の解消にと水泳を始めた和雄だったが、いつしか泳がなくては気がすまない中毒状態になっていた。
2. 「勃ちっぱなし」: 下腹部を強打して以来、哲也は持続的に勃起した状態に悩まされていた。
3. 「コンパニオン」: イベント・コンパニオンの広美は、最近誰かに後をつけられているという恐怖感から、心身ともに調子を崩していた。
4. 「フレンズ」: 高2の雄太は携帯を四六時中手放せない。いつ誰から遊びの誘いが入るかわからないからだ。
5. 「いてもたっても」: 生真面目なルポライター義雄は、火元の確認が気になって、仕事にも支障をきたすようになってしまっていた。

いや、面白いのは認めますけど、細部がいい加減ですねぇ、この作品は。

たいがいの粗筋は、「強迫観念や何かの中毒になっている人が、太った中年医師・伊良部と面談を重ねるうちに、あまりにメチャクチャな彼の行動に呆れ、逆に優越感をもったり、吹っ切れたりすることで、自分を取り戻していく」というものと思います。

ズサンなところというと、第1話に出てくる、「あいつら(=内科医師)、もしも機能性の疾患だと怖いもんだから、なかなか下(=地下の精神科)に回そうとしない…」の部分、「機能性」は「器質性」の間違いだと思われます。心身症は「機能性」の疾患が多いハズなので、下に回すのが普通。
また、「痛みを緩和する抗生物質を打つ」というのは、さすがにあり得ないでしょう。
第2話、持続性の勃起は血栓症か何かで起きるシリアスなものと聞いたことがあり、心因とか打撲で起きる・治るといったしろものでないのでは…。
やはり、医療関係者にチェックしてもらわないと、笑うところで笑えないことになりますので…。

とはいえ、伊良部のキャラクターに慣れてくると、なかなか面白いです。特に第3話のオーディションの場面、プッツンした広美と伊良部が係員に詰め寄る場面は最高に可笑しい。初診で話も聞かずにいきなり「注射しましょう」というのも笑いました。コメディと割り切れば、楽しめます。

しかし、この続編が直木賞とはちょっと想像しづらいな、というのが正直な感想でした。とにかく、『空中ブランコ』も読んでみようかと思っています。
[PR]
by bibliophage | 2006-03-12 00:09 | その他小説