ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
『マッチメイク』 プロレスミステリー
d0018433_6273816.jpg著者:不知火京介 
書名:マッチメイク
発行:講談社(文庫)
ギミック度:★★★★☆

第46回(2003年)乱歩賞受賞作。

「新大阪プロレスに入門した山田聡。ある夜、総帥のダリウス佐々木がタイガー・ガンジーとの流血試合後に死亡した。著書に遺書めいたことを書いていた佐々木は自殺したのか?その後、この事件を調べようとした別のレスラーもトレーニング中に亡くなった。山田は同期の本庄とともに真相を探る。」

不知火氏はミステリー新人賞でいつも最終選考に残っていた実力者で、ついに乱歩賞か、と受賞当時思いました。
受賞・出版当時の評判はもう一つだったようですが、今回文庫化されたものを読んでみたらなかなか面白かったです。

マッチメイク」とは、試合の筋書きを考えること。ショーとしてのプロレスの最も重要なポイントで、これが真相とからんできます。なかなかいいタイトルだと思いました。

主人公の山田、同期の本庄、山田を鍛える前座レスラー丹下、この3人は良いとして、他にいろいろ出てくるレスラーのキャラが少しわかりにくい感じはしました。それで、犯人を考えにくいという点が、ミステリーとしてはひっかかるかもしれません。

しかし、プロレス界の隠語の話やレスラーのトレーニングの内容などが詳しく書かれているのも、興味深い点です。流血におけるレフェリーの役割には唖然としました。

文庫463ページと長めですが、リーダビリティーは高くすらすらと読めました。プロレスアレルギーがなければ、読んでみる価値はあると思います。新奇性という点では同時受賞の「翳り行く夏」よりも高そうです。

2作目の歌舞伎ミステリー「女形」も力作でした。次作にも期待します。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-30 06:37 | ミステリ-
『うつうつひでお日記』 すごい読書量に脱帽
d0018433_1174859.jpg著者:吾妻ひでお 
書名:うつうつひでお日記
発行:角川書店
どん底度:★★★★☆

あの「失踪日記」の著者による漫画日記。

「この本はまるごとあじま(=著者)の日記になっていてすごくうっとおしいです。…日記ですのでオチはありません。…一気によむと鬱になるかもしれないので注意してください。(「まえがき」より)」

うわぁ、ほんとにオチがありません!「失踪日記」みたいなモノを期待すると大きくハズレることでしょう。

アル中は脱却しているものの、仕事が少なかった2004年7月~2005年2月までの日記。図書館へ行って、アイスや麺類を食べて、少しだけ仕事して、鬱に悩まされて、本を読んで、といった単調な生活が描かれています。はじめは、(脈略なく入っている)美少女のイラストを見ながら何とか先へ読み進むといった感じでした。

しかし著者の読書量はハンパではありません。笠井潔、絲山秋子、T.J.パーカー、小川勝己、舞城王太郎、その他何でも手当たり次第にすごい猛読。ここにマンガも加わり、「ホムンクルス」「デスノート」「ああっ女神様」etc etc…。この読書内容と著者の評価を見るためだけでも読む価値があります。

プロとして他の人気漫画家に嫉妬するようなところも素直に描いているのが凄い。
森博嗣のマンガ本(!)を読んで、「マンガ家でもやっていける」「これをどういう技術で描いてるのかわからない」などと驚く様が、正直で笑えます。

結局、「失踪日記」が大ヒットして終わるというオチ(?)があるのですが、それまでの苦労・悩みがこの本のウリでしょうね。

ギャグ漫画家の寿命は本当に短い。紆余曲折を経てなお問題作を放つ吾妻氏はその意味では大したものです。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-27 01:29 | 漫画
「ダカーポ」特集 眠れないほど面白い本
d0018433_1502814.gif雑誌ダカーポがリニューアル特別号と銘打って面白本を特集。

Ⅰ. 2006前半最新ベスト10:
かの「文学賞メッタ斬り!」の大森望・豊崎由美コンビと関口苑生の3氏が選出。
 1. 「安徳天皇漂海記」 宇月原晴明
 2. 「デス博士の島…」 ジーン・ウルフ
 3. 「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ …
 5. 「チョコレートコスモス」 恩田陸 …
 9. 「図書館戦争」 有川浩 …
大森・豊崎氏のNO.1 ということで「安徳天皇…」は迷わず購入。ライトノベルは得意ではないですが「図書館戦争」も読む予定です。

Ⅱ. 国内ミステリーベスト10:
杉江松恋、香山二三郎氏による。
 1. 「ワイルド・ソウル」 垣根涼介 これは◎の納得!
 2. 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎
 3. 「ユージニア」 恩田陸
 4. 「葉桜の季節に…」 歌野昌午 これは私的にはイマイチ。
 5. 「スティームタイガーの死走」 霞流一 全くどーでもよいバカミス。
 6. 「鏡の中は日曜日」 殊能将之 これも◎のおすすめ。…
他に「凶笑面」 北森鴻、これは購入しました。

Ⅲ. 恋愛小説ベスト1は 「ツ、イ、ラ、ク」 姫野カオルコ

Ⅳ. 時代小説ベスト1は 「壬生義士伝」 浅田次郎、「十兵衛両断」 荒山徹

Ⅴ. マンガ
  1.「デスノート」、2.「舞姫(テレプシコーラ)」◎、3.「マエストロ」、
  他「55歳の地図」は購入。「セクシーボイスアンドロボ」は絶版じゃないかぁぁ…。

「ダカーポ」 この号は見てみる価値があると思います。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-26 01:54 | 雑誌
『愛のひだりがわ』 筒井式ジュブナイル
d0018433_03504.jpg著者:筒井康隆 
書名:愛のひだりがわ
発行:新潮社(文庫)
成長度:★★★★☆

「時をかける少女」「富豪刑事」の筒井氏が描く少女の成長譚。

<母が死んで一人ぼっちになった小学生、愛。彼女は左手が不自由だが、犬と会話する力を持っていた。治安が悪くなった近未来の日本で、愛は失踪した父を探す旅に出る。少年サトル、犬のデン、ご隠居さん、詩人の志津絵さんらの助けを借りて愛の成長の旅は続く。>

殺伐とした世界における心温まる交流の話という対照性がいいですね。
左手の使えない愛(ちゃん)のひだりがわには必ず誰かがいて助けてくれる、というのがタイトルの意味です。

ジュブナイル(児童文学)らしく、殺人の場面もあっさりだし、愛ちゃんはいつも勉強してかしこくなっていくという教育的内容などを含んでいます。愛ちゃんの旅も、よく言えば展開が読めない、悪く言えば行き当たりばったり、に進んでいきます。

愛ちゃんたちが超音波でハマグリを取る場面がなかなか印象的でした。こういった絵が浮かぶようなシーンをつないでいくのはさすがに筒井氏の技だと思いました。また、戦闘シーンは得意なドタバタを避けて淡々と描かれています。

最後が類型的なパターンだったりと、気になるところもありますが、ジュブナイルということでさらっと読むのが吉かと思います。

虚人たち」との対比で語った村松友視氏による解説も読み応えがありました。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-23 00:42 | その他小説
『ニッポン幸福哀歌』 貴重な水木マンガ
d0018433_6182886.jpg著者:水木しげる 
書名:水木しげるのニッポン幸福哀歌
発行:角川書店(文庫)
哀愁度:★★★★☆

週刊漫画アクションに連載された「日本の民話」(昭和42-44年)シリーズ。

<難破した島でみつけた不思議な「人面相」、恵比寿と大黒が作ったパラダイスの「島」、願いをかなえてくれる「管狐」、手袋の好きな妖怪「ぬっぺふほふ」、など20編>

水木漫画でよくある容姿の人物(表紙参照):さえない中年の男が怪奇現象、妖怪に出会ってひどい目にあったり、自分を見つめ直したりする内容の短編集です。
パラダイスに住んでみたらだんだん飽きてきたとか、未来が見える三つめの目玉をもらったら世の中に嫌気がさした、など教訓的な話や、美しい妖怪の女性(雨女、影女etc)と仲良くなるという妄想的な話が多く見られました。

このシリーズは今まで読んだことがありませんでした。連載の関係なのか一遍の長さが短いのがやや物足りない感じもしますが、私のような水木ファンにとっては貴重な文庫です。
d0018433_6202722.jpg
昨日のニュースで、水木氏の故郷境港市の「妖怪そっくりコンテスト」というのがありました。「子泣き爺」に似せようと奥歯2本を抜いた、という人にはびっくりしました。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-22 06:25 | 漫画
『水曜の朝、午前三時』 韓流1970年
d0018433_04010.jpg著者:蓮見圭一 
書名:水曜の朝、午前三時
発行:新潮社(文庫)
懐古度:★★★☆☆

蓮見氏のデビュー作のベストセラー小説。

<45歳で脳腫瘍で世を去った直美。彼女は、娘に4巻のテープを残した。そこには1970年の万博でコンパニオンをしていた直美のかなわなかった恋愛の話が吹き込まれていた。>

この話はとても読みやすく、品の良いオールド・ファッションド・ラブ・ストーリーだと思います。
しかしオビの児玉清氏のように「涙が止まらなくなった…」ということはなかった。彼はいったいどこで泣けたのだろうか…?

<1970年万博。許婚が東京にいる身でありながら、別の男性に惹かれる主人公直美。しかし、相手の出自のため結婚することが適わず、東京へ戻る彼女。そして結婚後の再会…>。

確かに、直美は当時としては進歩的な女性なのでしょう。その行動力にも感心しました。

しかしこの現代(出版2001年)に、出自のポイントでの悲恋を描こうとした作者の見通しはいかなるものだったのか。いや、結果的には成功したわけですが…。
もし若い人々にも受けたとすれば、「かなわぬ恋」という普遍的なテーマの勝利だったのか、はたまた「(結婚は別として)恋愛は見かけが9割」という真実の力か。

私的には、文中にポピュラーミュージシャンの名前が次々と出てくるところが楽しめました
ボブ・ディラン、セルジオ・メンデス、モンキーズ、デヴィッド・ボウイ、CCR、ビーチボーイズ、フランク・ザッパ、ジャニス・ジョプリン、ヤードバーズ、エアロスミス。
小説のタイトルはサイモン&ガーファンクルから取ったものだそうです。

人それぞれでかなり異なる感想が湧きそうな小説、ということで一読に値すると思います。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-19 23:53 | その他小説
『博士の異常な健康』 究極の広告塔
d0018433_7332530.jpg著者:水道橋博士 
書名:博士の異常な健康
発行:アスペクト
説得力度:★★★★★

浅草キッドの博士が自分で体験した超健康法。

「俺は徹底的な体験主義者であり、自ら体を張って飛び込むことに躊躇がない。つまり本書は俺自身の体で文字を綴った経験談でもある。(「まえがき」より)」

この本は凄い!
自ら経験した健康法・治療法で効果があったものについて、その理論・科学的裏づけなどを詳しく書き、おまけにそれに対する批判意見まで載せて、とにかく徹底的に解説しています。

その内容は以下の如し。
1. 育毛・増毛法
2. 近視矯正手術。
3. 胎盤エキス
4. 断食
5. バイオラバー
6. 加圧式トレーニング


育毛法はプロピアという会社で、この章については週間文春の中村うさぎさん(だったかな)のコラムでも紹介がありました。同社のHPをみると、シャンプーは需要が多すぎて3ヶ月待ち!になっていました。
近視矯正については、18年も前の黎明期にRK手術を受けています。この思いきりのよさに感心。現在も視力は良いとのこと。

最も胡散臭いのがバイオラバーで、体につけるだけで肩こりが治りガンにも効果ありとのことでした。それでも博士の文章を読んでいると、つい購入したくなるのは大したもの。開発したのも一流のゴムメーカーとのことでした。

さて、最も興味深かったのが加圧式トレーニング。高圧テントかと思ったら、手足の付け根を緩く縛って運動負荷を加えると、効率よく筋肉が発達するというもの。正座の足の痺れにヒントを得たというこの方法、開発会社であるサトウスポーツプラザは東大に加圧関連の寄附講座までつくっており、論文まで出しているそうです。

とにかく豊富な語彙、ダジャレを含めた徹底的な解説、体験談、それによる説得力。これが本書の白眉でしょう。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-17 07:34 | 評論
『黒い雨』 終戦記念日に
d0018433_8211074.jpg著者:井伏鱒二 
書名:黒い雨
発行:新潮社(文庫)

いつかは読もうと思っていた作品。8/6に原爆の記事を目にして読んでみました。

<終戦後4年。閑間重松は妻しげ子、姪の矢須子と広島の山村に住んでいた。重松は被爆したものの症状は軽い。矢須子は元気だが、直接被爆したように噂されて縁談がまとまらない。重松は当時を思い出して「被爆日記」を清書していた…。>

「被爆日記」を清書する、という形で話が進み、時々現時点(4年後)の戻るという書き方のため、淡々とした印象を与えます。重松静馬著『重松日記』を原資料とし創作を加えたもの(Wikipedia)ということで、ドキュメンタリー色が強くなっています。名文家として知られる井伏氏が、原爆投下直後の広島の壊滅的状況、人々の悲惨な有様を粛々と書いて、目に浮かぶように再現しています。

色々な人々の観点から書かれた原爆投下時の状況。絶望的な話だけでなく、九死に一生を得た医師の挿話などもあり、読み応えがありました。
僧侶も間に合わないほどの死人の数のため、勤務先の工場長に命じられて、重松はお経を読む係りとなります。死者の家族からお布施を押し付けられて戸惑う重松。こういったエピソードがとても興味深いところでした。

最後に物語として大きな展開があり、余韻を残して話は閉じられます。

d0018433_8185531.jpg映画も観てみました。

今村昌平監督1989年作品。重松夫婦と姪に、北村和夫、市原悦子、田中好子。
田中好子が可憐で良かったです。
原作に忠実な筋書きに加えて、新たな登場人物も加わり、ドキュメンタリー色を薄めて作られています。
白黒映画であるところがピッタリで、こちらも見る価値は十分にありました。(8/15の夕刊フジでもおすすめDVDになっていました。)

戦争に巻き込まれるのだけは勘弁して欲しいと痛切に感じました。アメリカというのは昔から現在まで変わらない凶暴な国です。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-15 08:28 | その他小説
『月館の殺人』 テッちゃん殺人事件
d0018433_8185988.jpg著者:佐々木倫子・綾辻行人 
書名:月館の殺人(上、下)
発行:小学館
本格度:★★★★☆

月刊IKKI連載漫画の単行本。

<沖縄の女子高生空海(そらみ)は、両親を亡くして一人ぼっちになった。そこへ存在も知らなかった祖父の代理人が現れ、遺産相続のために北海道に来るように告げる。祖父のいる月館へ向かう列車「幻野号」に乗った空海だったが、そこで殺人事件に巻き込まれる。>

不思議な話ですね~。上巻読んでいてあまりにモタモタするのでもう止めようかと思いましたが、下巻まで読んだら結構面白かったという印象でした。

魅力の一つは何といっても「テツ」の知識。(空海の)祖父の鉄道王に選ばれし鉄道オタク=テッちゃんたちが幻野号に招待され、そのオタク的トリビアを披露しあいます。「テツ」と呼ばれたくないのに、ツボに入ると鉄道好きが全面に出てしまうところに可愛げがあります。
殺人の動機もテツがらみだし…。

列車殺人が一瞬にして館モノ風に切り替わるという大仕掛けも歌舞伎のようでよかったです。ここは漫画ならではの表現の面白さでした。

真相は全く予想できないものでしたw。限定はされない結論ですが、矛盾なく、なるほどと思わせてくれます。探偵役の人物があまりべらべらと口上を述べないところもあっさりしていて好印象でした。

絶滅しかけている「本格」ですが、綾辻先生はまだまだ色々と考えてくれそうです。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-14 08:22 | 漫画
『赤い指』 東野氏にしては…
d0018433_261720.jpg著者:東野圭吾 
書名:赤い指
発行:講談社
書き下ろし度:★★★☆☆

直木賞受賞後第1作となる長編書き下ろし…だそうです。

<中年サラリーマン松原昭夫は妻、中学生の息子、痴呆症の母と4人暮らし。妻と母の関係、ゲームオタクの息子など家庭の悩みは尽きない。そんなある日、妻の電話で早めに帰宅した昭夫を待っていたのは、少女の死体だった。>

今まで東野作品を読んでハズレたと思ったことはありません。で、この作品も面白いことは確かなのですが、少なくとも私にとって当りとはいえませんでした。
巻末を見ると「1999年「小説現代」に載った作品を元に書き下ろした」とのことです。イマイチなのはその辺の事情がからんでいるのか?

容疑者X…」と同じく犯人が前半でわかる倒序形式です。コロンボ役が所轄の加賀刑事。その引き立て役が甥である捜査1課の松宮。
さすがに東野氏だけあってリーダビリティーは高く、事件が起きるとあっという間に物語に引き込まれました。
赤い指」とは、化粧遊びで口紅がついた痴呆老人の指先のこと。痴呆と殺人事件がいったいどうからむのか?

う~む。ステレオタイプな人物、松原家の周りだけという小さな展開、中途半端なヒューマニズム、などがひっかかりました。最後に「赤い指」がらみで大技をかけてきますが、すっぽ抜けの印象。着想はさすがと思わせますが、全体的にはTVの2時間ドラマ風でした。

この作品に、いつもの東野氏のキレは期待し過ぎない方が良いかもしれません。
[PR]
by bibliophage | 2006-08-12 02:08 | ミステリ-