ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『フィッシュ・ストーリー』 伊坂節冴えてます
d0018433_0475937.jpg著者:伊坂幸太郎 
書名:フィッシュ・ストーリー
発行:新潮社
ホラ話度:★★★★☆

色々な趣向を持った伊坂氏の短編集。

<20数年前…昔の日本の小説を引用したロックの曲がカーステレオから流れていた。雅史は曲中の無音箇所で、女性の悲鳴を聞く。
現在…システム・エンジニアの麻美が乗った飛行機がハイジャックされた。
30数年前…売れないロックバンドが最後のレコーディングを一発録りでおこなった。
10年後…麻美はネットワークの不審から、国際的なハッキング計画に気づく。(「フィッシュ・ストーリー」)>

どの話も面白かったです。さらっと読めました。

上記表題作では、いくつかのエピソードが細い糸のようにつながって時間的な流れになっていくという、まさに壮大な?フィッシュ・ストーリー(ホラ話)でした。時間を前後させた構成が渋いですね。

他には、その人物がいるだけで動物がなごむ動物園の元飼育係りの話(「動物園のエンジン」)、東北の山村のある風習の謎(「サクリファイス」)、空き巣の今村、その母、同棲相手大西らがかかわっていく話(「ポテチ」)の3編が収録されています。

「動物園のエンジン」は三崎亜記氏の短編を思い起こしました。って、こちらの方が先でしたね(2001年)。
4編の中ではミステリー仕立ての「サクリファイス」が最も良かった。‘おこもり様’の謎のせいで先へ先へとページをめくらされます。ここに出てくる黒澤は例によって「ポテチ」の登場人物でもあるようですね。
「ポテチ」は、会話のユーモアが素敵でした。特に大西のつっこみ。

伊坂氏の文章の上手さ、ストーリー作りの見事さを再認識しました。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-25 00:48 | その他小説
東京マラソン2007 当日
d0018433_264962.jpg第1回の東京マラソン(2/18)に参加してきました。

都庁前の駅を降りると凄い人数のランナーが集結していました。トイレを待つのも一苦労でした。

スタート時、雨。
皆さんさすがに用意がいい。キャップ、ロングパンツ、ポンチョと完璧ないでたち。
d0018433_273166.jpgスタートラインで傘をさしている人までいて感心。私は配布されたポンチョをかぶりましたが、頭はずぶ寝れ。この状態で待つこと25分。さ、寒い。

しかし、スタートするとすぐ寒さを忘れました。新宿の靖国通りを走ります。沿道に多くの人がいて声援が聞こえます。都心の目抜き通りをずっと走るということで、コースはとても良かった

1km5分20秒くらいで抑えて走っていましたが、尿意のため日比谷公園のトイレへ。今回は寒いせいもあり、トイレ事情は最悪。どこかにまとめて簡易トイレを多量に設置して欲しかった…。その後、品川までの往復に向かいました。

20km過ぎから足が張ってきて、スピードが上がりません。銀座を走っているところで何やら大声援が…。対面の既に折り返したランナーの中に有森裕子さんが走っていました。やはり早い!とてもキレイでした。

次に浅草へ向かいます。異様にお腹がすいた感じで、だんだんスピードが落ちてきます。これは低血糖の症状。エイドの食べ物を期待して走っていたのに、あるはずのバナナがない!よく見ると前のランナーが全部消費していて、残ったのは皮だけ。
石原さん、用意悪杉ですよ。今回このエイドが最悪で、結局、アミノバリューのなけなしのカロリーでずっと走らされました。荒川マラソンを見習って欲しいですね。

最後お台場へ向かう時にはもう余力がありませんでした。37km過ぎから歩いたり走ったりして、4時間を大きく越えてゴール。今回はきつかったです…。
このままでは収まらないので、是非来年も挑戦したいですね。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-19 02:09 | スポーツ
東京マラソン 前日
明日2/18(日)はいよいよ 東京マラソン2007 が開催されます。

第一回ということもあって、大層な盛り上がりとなり、フルマラソン2万人募集のところ、3倍の応募がありました。

その抽選をなんとか乗り越え、私も明日出走予定にしています。

d0018433_11135617.jpg今回は大規模なためか、受付が当日にはなく、昨日と今日東京ドームでおこなわれます。
東京在住の私は昨日行ってきました。

ドームの中は関係各社のイベントのブースがたくさんありました。一番人気は当日のコースを車から見た風景ビデオの紹介コーナーでした。

昨日は早い時間だったので人出は少なかったのですが、今日の午後は混みそうです。

当日の天気は雨の予報ですが、大降りにならないことを期待しています。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-17 11:16 | スポーツ
『時間はどこで生まれるのか』 物理学的時間考
d0018433_17563243.jpg著者:橋元淳一郎 
書名:時間はどこで生まれるのか
発行:集英社
哲学度:★★★★★

京大物理学科出身のSF作家・カリスマ物理教師による時間論。

「時間の創造は宇宙の創造であり、われわれはそれに参画しているのだ(本文より)」

相対性理論・量子論の解説を読むのは久しぶりで、以前よく読んだブルーバックスのシリーズを思い出しました。頭に強力な刺激を受けました。

決してよく理解できたとは思えませんが、印象に残った内容を記します。

・ 相対論では、今現在の私を規定するのは過去の他者であり、今現在の私は未来の他者しか規制できず、私と現在を共有できるのは「非因果的領域=あの世」しかない、と説明できる。(図を見ないと何のことやらわからないでしょうが…)
・ ミクロな量子系では、時間は存在せず、因果律も否定される。
・ マクロな世界ではエントロピー(乱雑さ)が増大する方向に進む。
・ そのエントロピーの流れに逆らって秩序を維持しようという意思が、生命の創造につながった。
・ その意思こそが、自由な未来をつくり、ここに主観的な時間が創造される。

結局エントロピーの法則に逆らうことが、重要なのですね…ってイマイチよくわかりませんが…。結論は物理学的というより哲学的な気もしますね。

また、マクタガートの時間系列(A系列―主観的な時間、B系列―年表のような客観的時間、C系列―時間とは無関係な配列)については、もう少し詳しく説明して欲しいと思いました。

私の以前からの卑近な疑問:相撲の仕切りの時間は昔(子ども時代)はいやに長いと感じたのに、今ではあっと言う間だ、はこの本を読んでも解決できませんでしたw。残念。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-10 17:59 | 新書
『医療崩壊』 犯人扱いは筋違い
d0018433_015119.jpg著者:小松秀樹 
書名:医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か
発行:朝日新聞社
率直度:★★★★☆

第一線で活躍する泌尿器科医の提言。

「医療従事者は、患者の無理な要求を支持するマスコミ、警察、司法から不当に攻撃されていると感じている。このため、医師は勤労意欲を失い病院から離れ始めた。(本文より)」

現在の医療をめぐる状況について、医者としてとても正直な考えを書いています。
おそらく、慈恵医大青戸病院の腹腔鏡下手術の事故の顛末に、同じ泌尿器科の医者として、マスコミと警察の仕打ちに我慢ならなかったものと思われます。

人には寿命がある。医療にはリスクが伴う。それを理解していない患者と、患者にへつらうマスコミ。さらに、専門知識もないのに暴力装置!として医療の現場に踏み込んでくる警察。このままでは、日本の医療はイギリスのように崩壊してしまう、と著者は語ります。

著者の言うことには説得力があります。危機感を持っての積極的な発言には感心しました。
ただ、この本の内容は一般人にはちょっとわかりづらい懸念があります。はじめてまともに問題を提起したという意義は大きいと思いますが、ちょっと書き方が尊大に感じられる点もありました。是非、もう少し噛み砕いた形で万人にわかりやすく語って欲しいと思います。

立ち去り型サボタージュ」とはとてもクールなネーミングだと思いますが、ちょっと小難しい印象を与えます。「医者の夜逃げ」wとか、もう少しキャッチーな言い方はないでしょうか。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-08 00:20 | 評論
『天才ファミリー・カンパニー』 のだめプレリュード
d0018433_0155434.jpg著者:二ノ宮知子 
書名:天才ファミリー・カンパニー スペシャル版1~6巻
発行:幻冬社(コミック)
立志度:★★★★☆

「のだめ…」でブレイクした二ノ宮氏の作品。

<アメリカで経済を学ぶことを目指す天才高校生夏木勝幸。彼は食品会社に勤務する母親良子と二人暮らしだった。その良子の再婚相手は、料理の得意な作家の荘介で、しかも同じ高校生の男の子:春もいっしょだった。その後、良子の退職によって、勝幸の人生設計も狂いだし、ガールフレンド京子の父親の本屋でアルバイトをすることに。さらに、荘介の知り合いの中国人林じい、とその孫の唯香、アメリカの天才少女アミィらが加わって、話は複雑になっていくのだった。>

1巻がこじんまりとした内容だったのに、巻を追うごとに話が大きくなっていき、最後はアメリカで成功して目出度し目出度しになるという内容でした。その大雑把でアメリカンなところが魅力だと思います。

天才的でクールな男の子とちょっとドジな女の子という組み合わせは、まさに「のだめ…」の原型。洗練された「のだめ…」と比べると、こちらは登場人物もちょっと作られっぽい感じがしました。特にメキシカンのような荘介とその子である自然児の春。この2人のキャラは個人的にはちょっと苦手でした。

色々な人の力を借りて成功していく勝幸君の立志伝としては、なかなか面白いと思います。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-06 00:18 | 漫画
『プロ弁護士の思考術』 人生は思考から
d0018433_1123415.jpg著者:矢部正秋 
書名:プロ弁護士の思考術
発行:PHP研究所
具体度:★★★☆☆

ベテラン弁護士の思考法を経験を交えながら解説。

「私は10年の間、弁護士業に携わってきたが、…その経験から会得した「物の考え方」…の中から七つの思考法を選んで解説を加えた…」

いかにもPHPらしいという感じ。
国際ビジネス法務を専門とする弁護士が、ちょっと高所から処世訓を書きました、という印象です。

章構成は下記。
1章:具体的に考える…精神論でなく具体的に相手企業の情報を集める
2章:オプションを発想する…深刻な問題には複数の選択肢を持つ
3章:直視する…先入観を疑う
4章:共感する…共感性によって他人を理解する
5章:マサカを取り込む…余裕を持って行動する
6章:主体的に考える…独立自尊の精神で思考する
7章:遠くを見る…大局的に見渡す

弁護士業務における実例よりも、「サウナが好きだ」などの個人的な趣味の話や、「葉隠れ」「五輪書」などからの引用が記憶に残りました。

目からウロコが落ちるという印象は受けませんでした。こちらの思考法に問題があるのかも知れませんw。
[PR]
by bibliophage | 2007-02-02 01:22 | 新書