ストレスがたまったら本のまとめ買い。結果は積ん読。なんとかしなきゃ…。ということで書評のブログです。ときに音楽や趣味の記事も…。
by bibliophage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
『百年の誤読』 ベストセラー100年史
d0018433_23936.jpg著者:岡野宏文、豊崎由美
書名:百年の誤読
発行:ぴあ
購入動機:書評
痛快度:★★★★★

1900年から現代までのベストセラーを年代別に選んで、岡野宏文、豊崎由美の両氏が鋭く突っ込みます。徳富蘆花『不如帰』からYoshi『Deep Love』まで。なんという壮大な試みでしょう。

漱石と泉鏡花は「文章に対する意識が高い」、芥川は「とんでもなく現代的」と持ち上げているものの、鴎外を「サービス精神なし」、志賀直哉を「夏休みの宿題程度の名文」と斬り捨てています。堀辰雄『風立ちぬ』は「溺れるほど美しい」、中島敦『山月記』は「格調高い」文章とベタ誉め。

現代になると、村上龍『限りなく透明に近いブルー』は「離人症文体の新しさ」と評価していますが、田中康夫『なんクリ』は「よむに耐えない一発芸」とクソミソです。面白いのは豊崎氏が村上春樹に謝罪しているところ。『ノルウェーの森』の素晴らしさが、出版当時理解できずにこけおろしたのを懺悔しています。

意外だったのは、この本の中で二人そろって最も誉めているのが、さくらももこ『もものかんづめ』。対象におぼれない品のよさ、村上春樹のコメディレベルの比喩のうまさ、だそうです。

この対談で一環していて気持ちが良いのは、つまらない内容・文章である(と二人が判断した)時点で、どんなに売れた作品でも徹底的に斬られているところです。『Deep Love』は「ヘドロゴミ」、片山恭一『世界の中心で…』は「安い純愛メロドラマ」と表現されています。そのココロは、作り手には独創性・文章力を、読み手には読書力を期待することで、今後の出版物の質を高めていきたいという二人の評論家としての矜持だと思いました。

この本は内容・タイトルとも素晴らしいのですが、表紙がジミ過ぎです。順調に売れているのでしょうか?
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-11 02:35 | 評論
追悼 『噂の真相』
d0018433_7565787.jpg著者:岡留安則
書名:『噂の真相』25年戦記
発行:集英社
購入動機:書評
硬派度:★★★★★

1979年から2004年3月まで25年間、スキャンダリズムを追及してきた雑誌『噂の真相』。その編集長だった岡留安則氏による手記。

いや~、こんなに骨のある人物だとは知りませんでした。定期購読していればよかったと悔やまれます。
「硬派スキャンダリズムとヒューマンインタレストの二本立てによる編集」というのはちょっとカッコ良すぎますが、権力者に立ち向かう岡留氏の姿勢はひしひしと伝わってきます。やっぱりジャーナリズムはやや左よりで、体制にチェック機構として働くのが本道と思いました。

『噂の真相』が関係したものとして、ハウス食品脅迫事件(報道協定破り)、ロス疑惑事件(三浦和義氏を擁護)、筒井康隆断筆宣言、東京地検特捜部による名誉毀損罪での起訴(最近岡留氏の有罪が確定、宗像特捜部長へのスキャンダル報復)、北朝鮮拉致被害者報道(救う会への批判)、などがあり反骨的に一般報道の逆へ逆へと攻め込んでいます。

最も面白かったのは森元総理の売春検挙歴報道でした。学生時代のことではあるものの、ホントだったんですね~。岡留氏のすごい所は森氏の前歴カードの指紋まで入手した上で、誌上で森氏の実際の指紋(サイン入り手形など)を募集して、それが一致することも示したことです。「ハンニバル」のレクター博士みたいですね。

その森氏の怨念が、個人情報保護法への流れを生み、結果として『噂の真相』の休刊の理由の一つとなったのは皮肉ですが、とても残念なことです。右翼の編集部乱入による流血事件も休刊のもう一つの理由でした。

いつの日か、また『噂の真相』が復活するのを祈りながら、とりあえず週刊文春でも読むことにします。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-10 08:11 | 新書
『白桜の剣』 御庭番 参上
d0018433_9492571.jpg著者:北川哲史
書名:白桜の剣
発行:廣済堂
購入動機:書店で目について
読易度:★★★★★

著者の北川氏は「太陽にほえろ!」「江戸を斬る」「名探偵コナン」などのシナリオを書いてきたベテラン脚本家です。今回、小説家としての第一作が御庭番を主人公にしたこの時代小説です。

脚本家だけあってリ-ダビリティは抜群で、時代小説が得意でない私もすらすらと読めました。

主人公の平九郎の職である御庭番は、忍者の江戸後期版といった役割も持っていたようです。兄の失踪と旗本殺害事件の謎を解くよう将軍の命を受けた平九郎は、得意の剣術を使って活躍します。そのミステリー仕立ての設定の中で、江戸時代の風俗をわかり易く説明し、田沼意次を登場させ、山県大弐の明和事件を取り込んだ構成は、時代小説としてとてもユニークだと思いました。文庫一冊にするには少し内容が豊か過ぎる印象は受けましたが…。

脇の登場人物も魅力的で、私は特に美貌の歌舞伎役者に惹かれました。是非シリーズ化して欲しいものです。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-09 10:00 | 時代小説
『科学する麻雀』 麻雀にツキなどなかった!?
d0018433_7494027.jpg著者:とつげき東北 
書名:科学する麻雀
発行:講談社
購入動機:書店で目について
理論実践度:★★★★★

以前、麻雀をしていた時はあまり勝てませんでした。その理由がこの本を読んでよくわかりました。

今まで麻雀を統計的にしっかりと解析した本はありませんでした。なぜ、この本の著者とつげき東北氏はそれができたのか?それは、彼が数理統計の専門家であることと、データを残しながらゲームのできるネット麻雀、東風荘に入り浸ったこと、が理由です。

東北氏は自分で解析ソフトを作ってデータを集め、新しい麻雀の常識を作りました。
 その例は、テンパイしたらすぐにリーチ、降りるときはベタオリ、相手の待ち牌は読むな、流れ(=ツキ)というものは存在しない(!)、などといった今までの常識を一蹴する驚くべきものです。それを数式とデータで示すためやたらと説得力があります。

彼の分析では振りこみ直後と上がり直後の一局において、振りこみ率や一発ツモ率に有意差はない、すなわちツキはない、としています。私はツキというものは物理学を超えたもの(=一種のオカルト)であり、手でヤマを積む→自動麻雀→ネット麻雀と進むにつれてその影響が低下するのではないか、と思っています。

実際に東北氏はネット麻雀でも相当上位にランクされる強豪であり、実践もされています。ただし「誌上対戦ではプロに敗れた」とのことなので、強いプロは東北理論を上回る戦略をもっていることになります。今後はプロの打ちスジも検討して、もう一段階上の理論を打ち立ててもらいたいものです。

東北理論と実践の詳しくは、氏のHPで
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-08 08:04 | 新書
役立ちブログ:その1
おかげさまで、

やっと文字色がつけられました

なんとか文字大きくできるようになりました

ついでにexcite以外にもトラックバックできるか試させていただきました。

どうも有難うございます。

yahooももう少し軽くなるといいですね。

thanks to はじめてのヤフーblog
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-07 01:37
『さまよう刃』 あだ討ちするは我に有り
d0018433_0232056.jpg著者:東野圭吾 
書名:さまよう刃
発行:朝日新聞社
購入動機:著者のファン
緊迫度:★★★★☆

高校一年生の娘、絵摩が花火大会から帰って来ない。長峰の不安は時計の針を見るたびに大きくなっていく…。
最初から暗い展開の伏線が全開で、読み進むのが躊躇されます。予想通り絵摩は誘拐、陵辱されて殺されます。それから長峰は復讐の鬼となり、会社も辞め、主犯の少年カイジを殺害することだけを人生の目的とします。

被害者の家族としては、少年法で守られた犯人は自分で殺すしかない、という気持ちになることは共感できます。女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人の一人の少年が、その後に起こした暴行事件をみると、少年だからと言って更正を期待するのは間違いである、ことがよくわかります。
被害者の家族が犯人に復讐をするという「あだ討ち」パターンの話はよくみられますが、これは読者がとても感情移入しやすいという点が受けるからでしょう。

長野に隠れているという情報しかないため、長峰のカイジ探しは遅々として進まず、小説も半ばでちょっと間延びする印象です。しかし、長峰に協力してくれるペンションの女性とのエピソードや、暴露週刊誌と人権弁護士のテレビ討論などをはさんで、クライマックスの上野での対決シーンに向けて徐々に盛り上がっていきます。はたして長峰が銃での復讐を遂げられるのか、上野駅の場面は映画のような臨場感で迫ってきます。この辺りは東野圭吾の真骨頂といったところでしょうか。

果たしてどうなるのかと読み進むと、結末は妥当?な所に落ち着きます。東野圭吾の作品の中では平均的なポイント(=かなり面白い)という印象でした。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-07 00:58 | ミステリ-
『テレビの嘘を見破る』 テレビのやらせは許されるのか?
d0018433_0474039.jpg
著者:今野勉 
書名:テレビの嘘を見破る
発行:新潮社
購入動機:書評
目からウロコ度:★★★★★

著者の今野氏は多数の番組を作ったプロデューサー。生粋のテレビマンがその脚色の仕組みを明かした本なので、さすがに面白い。
例として、生保のCMで使われた母子の象の話。水中に落ちた子象と引き上げられた子象は別の象を違う時に撮ったもの!とか。

著者は、問題になったNHKスペシャルの「禁断の王国ムスタン」事件を話の中心にすえて、ドキュメンタリーにおけるやらせについて検証します。わざと落石させたり、高山病の演技をしたりなど、誇張、歪曲、捏造などが確かにあった、としています。
しかし結論として、テレビにおけるやらせは善悪の倫理で判断されるものではなく、はじめに事実に基づくというスタンスがあればどんな方法を使っても許される、としています。

確かに著者のように確固とした考えで番組を作っている人はOKと思います。しかし現実のテレビをみる限りはそうばかりとは思えません。視聴率を上げるために事実を捻じ曲げて作った番組が多いのが実態ではないでしょうか。

ところで、杉田かおるが24時間テレビで100km走ったというのは本当でしょうか。私は絶対にやらせだと思っていました。ところが、2chネラーの追跡サイト見てをみると意外な結果が…。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-06 01:02 | 新書
久坂部羊『破裂』考
d0018433_6432942.jpg
著者:久坂部羊
書名:破裂
発行:幻冬舎
購入動機:著者のファン
衝撃度:★★★★☆

前作「廃用身」も医学の常識に刃向かう面白い内容でしたが、今度の作品「破裂」はパワーアップしてます。キャッチコピーもすご過ぎます(タイムリー!)。

心臓外科教授をねらう香村と野望を持ったエリート官僚佐久間。二人とも最高に脂ぎってます。それに対して医療過誤を告発する麻酔科医江崎。こちらも結構壊れてます。
著者:久坂部羊氏はさすがに阪大卒の医師だけあって、これほど詳しく大学病院勤務医のことを書いた作品はないと思います。医者の失敗を集めた「痛恨の症例」のエピソードも実例からとったに違いありません。

全体にサスペンスがかっていてとても面白く一気に読めました。医学情報小説としては、最高のものと言えるでしょう。
手術室の記載がとても詳しいことからドクター久坂部は外科系出身で、現役ならば眼科耳鼻科などのマイナーな科の所属ではないかと推測しました。老人を切り捨てる、という首尾一貫したテーマ(笑)をお持ちなので、年令も30-40台と想像しました。

いずれにせよ、この作品が素晴らしいことに変わりありません。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-04 07:01 | ミステリ-
『超簡単!ブログ入門』 始めの一歩
私も今日からブログを始めます。

内容は本の紹介と感想です。
目的の一つは、部屋のすみに積みあがった未読の蔵書(=積読書)の整理。
ミステリー好き、恋愛モノ苦手ですが、手当たり次第に粗製♪濫読、の予定です。

皆さまのブログを拝見しましたが、とてもきれいですね~。
私のブログが少しでも皆さまの参考になれば、happyです。
どうぞよろしくお願いします。

d0018433_22151475.jpg著者:増田真樹
書名:超簡単!ブログ入門
発行:角川書店
購入動機:書店で目について
お役立ち度:★★★★★

何だよ今さら~、と言われそうですね。しかし、私にとってはとても大切な本。お茶の水の丸善で平積みになっていたので、思わず買いました。

グーグル社が社内ブログによって、無駄な電子メールを省き、共有情報からアイデアを得、また社員同士の理解も深まった、というエピソードを読んで、ブログの大きな可能性を知りました。
実践編では基本用語、レイアウトなどのわかりやすい説明とブログサービスの解説付きカタログがあり、著者のイチオシに従ってExciteを選びました。

私にブログを教えてくれた本、ということで感謝をこめて紹介しました。
[PR]
# by bibliophage | 2005-04-03 21:28 | 新書